Noriko Miyao

フルートアンサンブル「ローザ」メンバー。
アイリッシュ・ユニットLeapRick(リープリック)メンバー。

記事一覧(112)

結晶

倉敷管弦楽団第44回定期演奏会今回は異例の復興支援コンサートとなりました。豪雨の被害に遭ってしまい、今回の演奏会に出られなかった団員もいます。でも、復興への願いを高らかに響かせよう!そんな想いでコンサートに臨みました。コンサートの幕開けは、弦楽による、バッハのアリアを献奏という形で演奏。私は舞台袖で聴きました。しっとりと心に染みてきて、音楽が乗せてくる何かの強さを感じました。濁りのない、結晶のようなモノ…太古の昔からこんな風に、音楽は人間の感情に寄り添って、煌めくものを生み出してきたんだろうな…感じる人と感じない人がいるだろうけれども。献奏が終わり拍手はいただかず、プログラム本編へ。チャイコフスキーの組曲3番。今回この曲の曲目解説を書かせていただきました。日本ではあまり演奏されない、けれども隠れた名曲…と高谷光信氏のご推薦をいただいた曲。資料は少なかったのですが、チャイコフスキーの人生を見つめ、そしてこの曲の魅力に耳を澄まし、言葉を搾り出しました(苦笑)そのお陰か、この曲大好きになりました!高谷先生の熱のこもった指揮にも触発されっぱなしで、全力で吹ききった本番でした。吹きながらなんだか感動しちゃって、あぁ、これでこの曲演奏するの最後なんだ…と思うと、寂しさを感じるくらい。美しくエレガントなメロディーは、本当にチャイコフスキーの素晴らしい魅力。風景、自然の美…私達は普段、どれだけその美しさに気付いているだろうか。美しい情景が見えてくるメロディー…そして哀愁や希望、エネルギッシュな民族の踊りに込められたパワー‼︎本当に素敵な曲に出会わせていただきました。2曲目は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」私は吹かずに客席で聴きました。大曲2曲を吹ききったメンバー、頑張った‼︎