Noriko Miyao

フルートアンサンブル「ローザ」メンバー。
アイリッシュ・ユニットLeapRick(リープリック)メンバー。

記事一覧(103)

結晶

倉敷管弦楽団第44回定期演奏会今回は異例の復興支援コンサートとなりました。豪雨の被害に遭ってしまい、今回の演奏会に出られなかった団員もいます。でも、復興への願いを高らかに響かせよう!そんな想いでコンサートに臨みました。コンサートの幕開けは、弦楽による、バッハのアリアを献奏という形で演奏。私は舞台袖で聴きました。しっとりと心に染みてきて、音楽が乗せてくる何かの強さを感じました。濁りのない、結晶のようなモノ…太古の昔からこんな風に、音楽は人間の感情に寄り添って、煌めくものを生み出してきたんだろうな…感じる人と感じない人がいるだろうけれども。献奏が終わり拍手はいただかず、プログラム本編へ。チャイコフスキーの組曲3番。今回この曲の曲目解説を書かせていただきました。日本ではあまり演奏されない、けれども隠れた名曲…と高谷光信氏のご推薦をいただいた曲。資料は少なかったのですが、チャイコフスキーの人生を見つめ、そしてこの曲の魅力に耳を澄まし、言葉を搾り出しました(苦笑)そのお陰か、この曲大好きになりました!高谷先生の熱のこもった指揮にも触発されっぱなしで、全力で吹ききった本番でした。吹きながらなんだか感動しちゃって、あぁ、これでこの曲演奏するの最後なんだ…と思うと、寂しさを感じるくらい。美しくエレガントなメロディーは、本当にチャイコフスキーの素晴らしい魅力。風景、自然の美…私達は普段、どれだけその美しさに気付いているだろうか。美しい情景が見えてくるメロディー…そして哀愁や希望、エネルギッシュな民族の踊りに込められたパワー‼︎本当に素敵な曲に出会わせていただきました。2曲目は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」私は吹かずに客席で聴きました。大曲2曲を吹ききったメンバー、頑張った‼︎

チャージ

真備町の被災状況に唖然とする中、ほとんど報道されていない岡山市内の被災についても、友人や知人とのやり取りから見えてきました。避難のお話を聞きながら、恐怖感は想像を絶するものでした。被災なさった皆さまの心中はいかばかりかと思います。被災状況が日に日に明らかになっていき、何も出来ない自分に歯痒さを感じます。昨日は恒例の、ランチセッションでした。@ポケットガーデン正直、気分が乗らなくて、やるかどうか悩みました。自分の心が、人に元気を与えられるような状況ではない…でも、自分自身を音楽で元気にしたいというメンバーの意向もあり、半分自分達のために、やることにしました。それぞれの人の考え方があると思います。どれが正解なのかはわかりませんが、被災された方からいただいた、「普段の生活が出来る人は、普段通りの生活をして経済を回してください」という言葉が、強く背中を押してくれました。NatsueさんがSNSで投稿してくれていたのを見て、演奏を聴きたいと何人かの方が来てくださいました。自分自身をチャージすべく、やりたい曲のみを演奏しましたが、途中からNatsueさんがお客様に「どんな演奏が聴きたいか」とリクエストを聞いて、自分たちの出来る範囲内で臨みました。今日この時にここに居られること、今日この時に一緒に居られる人、今日この時の美味しいごはん、今日この時の輝く時間、あの、恐怖を感じた瞬間は、まだまだ生きたい!という気持ちがあったから。そして今、生かされてる時間がある…

自然の脅威から

大雨特別警報発令の夜…数十年に一度の大雨とは、確かに今までに体験したことのないような大雨でした。雨は勢いが凄い勢いがほとんど衰えることなく降り続け、緊急避難のアラームが何度も鳴りました。ウチの近くに一級河川が流れているので、さすがに気になりながら、岡山市もほとんど全域に避難指示が出ていましたが、避難所(徒歩2分の距離)はウチとさほど状況は変わらないし…避難のためのリュックは一応準備し、楽器もベッドの横にスタンバイしつつ、家で様子をうかがいながら過ごしました。避難所の横にある消防署から、何度もレスキューが出動していて、怖い夜でした。災害が少ない岡山…基本、平和ボケしていると思います。「命を守る行動を取って」というTVからのアナウンスに、こんなに心がザワザワして、こんなに恐怖を感じたのは初めてかもしれません。眠れない夜でした。。。幸い、自宅は被害なく朝を迎えました。けれど、同じ東区でも浸水した地域も…倉敷市真備では屋根まで水に浸かっているようで…たった何分間かの間に水が2階にまで迫り、屋根に逃げて救援を待った方もたくさんいらっしゃったそうです。先月矢掛に訪れた際に通った真備の道が、恐ろしいくらいに水没しているようでした。自然の脅威…リアルに思い知りました。昨日の岡山市が主催の「七夕ライトダウン」のイベントは中止になりました。ライトを消して、CO2の削減を訴えるイベント…地球の事を想うきっかけをくれる、このイベントに参加できることを、毎年とても幸せに思っていました。ここ数年、演奏メンバーは同じ。結音-ムスビネ-合唱団、Latinanova(ラテン音楽)、そしてLeapRick(アイルランド音楽)それぞれにご活躍のミュージシャン達!ジャンルが違うので、なかなか他のイベントでは一緒にならないけれど、この七夕の日に毎年再会させてもらっていて、一年に一度の同窓会のような感覚もありました。来年はみんなでセッションしたいね♪と昨年話していたので、今年は最後に一曲セッションする予定でした。中止は残念でしたが、このステキなメンバーで、いつか何かをやりたいね!という話になりました。私達の音楽でチャリティーのような事ができたら…と考えています。具体的なことはこれからですが、このメンバーならきっと強いエネルギーを持った何かが、愛のこもったメッセージを伝える何かが、できると思います。けれどまずは、一日も早く被災地が復興すること…出来ることがあれば、尽力したいと思います。

らしさとは?

先日、ガンジーの言葉に出会いました。Your beliefs become your thoughts Your thoughts become your wordsYour words become your actions Your actions become your habitsYour habits become valuesYour values become your destiny 自分の考え方しだいで、行動が、習慣が、精神が、運命が変わる…ということは何となく解っていたけど、じゃあ、その考え方を変えるにはどうすればいいんだろう?そう思っていた時でした。belief…それが、根っこにちゃんとあるか?そして多分もう一つの肝は、そのbeliefが未来からやってきているものか?…つまり、過去の産物ではないってこと。私はつい、自分らしさにこだわる傾向にある。そしてしばしば、自分らしさの呪縛を受けている…可能性を心のどこかで諦めていたり、振り幅を狭めていたり、少しずつ進めばいいと、進度を制限していた。過去基準から脱してみよう。過去の自分を尺度にするのでなく、毎日自分を更新していこう!Summer Solsticeが過ぎました。思い返せばこの半年、何かと悩む事が多かった。。。かなり苦しみ、もがいていた。その過去の自分も全て、更新‼︎毎日、白から始めればいい。~~~~~~~~~~~~~~~~~~先日いただいた花束の百合の蕾を、不注意にも折ってしまいました。何日も蕾のままだったので諦めかけていたら、夏至の翌日に開き始めた‼︎