BLOG

LeapRick、今年初の本番は尾道にて。
この時期に屋外でのパフォーマンスは初めてかも?

寒さを覚悟していましたが、スタッフの方からカイロの差し入れをいただきました。
そして尾道商店街はかなり賑わっていて、たくさんの方々が笑顔で聴いてくれました。
お陰で思ったほど寒くなかった!

そして午前中は「ギャラリー都」さんに場所提供いただいて、初心者向けのワークショップを開催。
6名の方が参加してくださいました。
2時間のワークショップ。
尾道で開催できたのは、ご協力くださった「音楽と風景」のイベント主催者の小島さん、「ギャラリー都」さんのお陰です。
ありがとうございました!

お昼ゴハンは、美味しいおでんと豚汁をご馳走になり、身体も心もあたたまりました(^^)

さて、パフォーマンスの合間に「小さなサーカス団 ピエロック一座」さんのパフォーマンスを鑑賞しました。
数人でなさるのかと思っていたら、なんとお一人で‼︎
コンサーティーナやフィドルを弾きながら、膝に付けてるクラクションや、帽子に付いてる自転車用のベルが鳴ったり!
今度は帽子の上がシンバルに変わって、フィドルを弾く合間に弓で鳴らされたり、タップダンスを踊ったり。
色んなあやつり人形達が登場しました。
時に楽器を弾きながら操られたり。

クオリティー高すぎ‼︎ 本当に、一人何役?
昔から旅芸人になりたくて、そして今は夢を叶えて、熊本からいらっしゃったとのこと。
いっぱい笑って、最後は人を想うことのステキさ、笑顔の力、そして夢を抱くことの大切さを感じ、じーんと感動でした。。。
本当に素晴らしいパフォーマンスを見せていただきました。
皆さんも、いつか何処かで「小さなサーカス団 ピエロック一座」に出会えますように‼︎
一見の価値、多大にあり‼︎‼︎

今日はステキな出会いがいっぱいの一日でした♪
こちら、某音楽教室で売られているリコーダーペン♪
実は先月、お友達がプレゼントしてくれたのです。
あまりの可愛さに、昨年の生徒さんへのクリスマスプレゼントはコレに。
大人の生徒さんにも(^^)
音も出るんですよ♪

さて、昨年からカルチャースクールでもリコーダーのレッスンを担当させていただいております。
当音楽教室でもリコーダーの生徒さんが増えたらいいなぁと願い、トライアルコースを開設しました。

何か音楽をやってみたい…と思っている方、お家に眠っているリコーダーを引っ張り出してみませんか?
リコーダーは音は出しやすいものの、息のコントロールは意外と難しく、低い音はひっくり返りやすいし、高い音は上手く出なかったり…
学校の授業では一人一人への指導が難しいこともあり、リコーダーが苦手だったという方、
そして今現在、リコーダーに苦戦しているお子様もいらっしゃるのではないでしょうか?
ちょっとしたコツを意識して取り組めば、上手く吹けるようになるかもしれません。

とはいえ…
レッスンって敷居が高い気がする。
定期的にレッスンに通えるだろうか?
そんな不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

自由なペースで、まずは音楽に触れていただきたいと、トライアルコースを設定しました。
詳しくはコチラ↓
https://www.ringheart-music.com/subject/recorder/

まずはトライしてみませんか?

2019年、明けましておめでとうございます!

元旦の夕暮れがとても美しく、しばし見惚れました。。。
(日の出ではなく日の入り写真です、笑)

毎年考えてしまうけど今年の目標は、
脱三日坊主‼︎‼︎
って言っても。
そもそも毎日のルーティンを目指さない(笑)

つまり、その気になった時に、その気になったことを存分に取り組む。

例えば運動、日記、生活リズム、、、全てにおいて。
なので、あ〜やっぱり続かなかった…の後悔から卒業します(^^)

今日の自分の心地よさと対話して、
今日の自分の達成感を見極めて、
今の自分の喜びを求めて、
今この時を味わい尽くす!

今この時の時間が、未来のどんな展開に繋がるんだろう?
そんなワクワクを感じながら、想像を膨らませて、自分の核を濃厚にしていきたい。
そして、そこから嫋やかに流れていきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
 
クローズドなコンサートの依頼をいただいて、笛を吹かせていただきました。

急なオファーでしたが、またまたウミコピィさんにお付き合いいただいて、1時間のコンサート♪

会のコンセプトが少しデリケートだったので、プログラムに悩みました…
普段から、歌には敵わない(歌詞のエネルギーが大きいから)と思っていますが、歌詞がないからこそ広がるインスピレーションの自由度が、心地良い時もある気がします。
今日はそんな時間な気がしました。

モダンフルート、アイリッシュフルート、ホイッスルを吹きました。
そしてやっぱりクリスマスソングを演れるって幸せ♪
コンサートの後、カウンセリングがあったそうですが、その講師をされる市場恵子さんがコンサートを盛り上げてくださいました。
1時間のコンサート、「時間が経つごとに幸せ度が増していった」と嬉しいお言葉をいただきました。

ご褒美に絶品ケーキをいただいて、大満足!

Have yourself a merry little Christmas🎄
(↑私はこの、littleって言葉が好き♡)

世界に優しいクリスマスを♪

久しぶりに電車でお出かけ。福山よりもう少し西へ。

Feel art cafe 〜名もなき音楽隊〜vol.8 聴いてきました。

心に響きました。。。
満席のため、会場の後ろで立見の子供達もノリノリで♪ 椅子に立ち上がって音楽に合わせて手を叩く子供達も…

ミュージシャン一人一人の熱い想いが伝わって、ちょっとウルウルきちゃったところも。
メンバーのオリジナルや様々なジャンルの音楽を、弦楽アンサンブルとバンド編成というアレンジで豪華なサウンドでした。
それぞれのレベルも、情熱も、モチベーションも高くて、感動&大満足の時間でした。
行って良かった‼︎

余談ですが。
今日の会場の近く(福山駅)から私の最寄りの駅までは1時間半…
一年ほど前から、福山からウチまで電車でレッスンに通ってくださってる方もいて、解ってはいたけれどやはり近い距離ではないことを実感しました。

素晴らしい音楽の力に心打たれ、改めて、中身の濃いレッスンをしなくては!と気持ちを引き締めました。

Amusement live cafe tonicaさんにて、単独ライヴさせていただきました。
笛吹きという言葉が昔から好きでしたが、気が付けば
モダンフルート、アイリッシュ・フルート、ホイッスル、リコーダーを吹くように…
という事で、「fue-fuki-fantasia」とちょっと舌を噛みそうになるタイトルにしちゃいましたが。

アイリッシュやバロック音楽、ジャズ風アレンジやクリスマスソングなど、色んなジャンルの音楽を詰め込みました。
そんな私の我儘に、神対応でサポートしてくださったのは、ウミコピィさん♪
私の無茶ぶりにも、いつもステキな笑顔で対応してくださって、お陰様でとても楽しい時間を過ごせました。
リコーダーも、1ヶ月くらいめっちゃ練習し、なんとか披露できました。
とても響きのいい会場で、音響使わなくても良さそうでしたが、マイクを使ったらより楽に吹けました。
会場の皆さんの優しい雰囲気に、リラックスして過ごせました。

実はリハーサルしている間に、こちらのお店の常連さんがいらっしゃり、
「リハーサルが良かったから」とお捻りをいただきました!
結局本番も来てくださり、CDも買ってくださいました。
全く初めての方に、そんな風に気に入っていただけたのが本当に嬉しかった。

LeapRickのなっちゃんも応援に来てくれ、私の真ん前で聴いてくれました。
(ちょっと、こっ恥ずかしかったけど、笑)
私が吹くたびに泣きそうになる「盲目の王様」という曲で、なっちゃんも泣いてしまった…とのこと。
LeapRickでもやりたいと言ってくれたので、またご披露できるかもしれません。

アイリッシュ、クラシック、ジャズ…それぞれのジャンルで出会ったステキな曲達を、
愛して奏でていきたいと思います。
色んなジャンルの垣根を越えて、というか、
それぞれの素晴らしさの橋渡しのようなコトが出来れば…と、今は漠然と考えています。

寒い中お越しくださった皆さま、会場のトニカさま、本当にありがとうございました!


沖縄2日目&3日目はリハーサルで過ぎ行きました。
今回はシャンソンの生徒さんの発表会のバックバンドとしての出演でした。
発表会と言っても、海が見える地中海レストラン「クッチーナ」さんでのディナーショー‼︎
約130名のお客様!



全然上手く撮れなかったのですが、開放的なオーシャンビューでした。
ここでお食事をしていただきながら、沖縄のカルチャースクールでシャンソンをご指導なさっている、牧 あゆみ先生と、ピアニスト佐藤金之助先生を中心に、
まずは私達でガッツリとステージを!


そしてその後は生徒の皆さんの素敵なステージでした。
生徒さんは年輩の方が中心で、80歳近い方も…
シャンソンを、フランス語を習おうと思われる心意気も尊敬します。皆さんとても生き生きとしていらっしゃいました。

前日の通しリハーサルで既に、皆さんの柔らかでチャーミングな雰囲気、そして先生の話ご指導に、素直に一生懸命取り組まれる姿勢、
何よりお互いを盛り上げる団結力に感動していました。

本番は、ステージにピンスポットが当たる中、皆さん素敵にドレスアップなさって、笑顔で心からの歌を歌われていました。
カルチャースクールのシャンソンコースが開講したのが昨年の10月。
まだ一年ほどしか経っていないし、ほとんどの皆さんが、このようなステージは初めてだったようですが、そんな風には思えない、本当に素晴らしい歌いっぷりで、
またまた感動。。。
終演後、生徒さん達から私達へと、心のこもったお礼のお言葉と、まさかの大きな花束のプレゼントが‼︎
本当にジーンとしてしまい、涙が出そうになりました。


お客様からも演奏が良かったとのお言葉をいただいて、本当に嬉しかった!

けれど、これはひとえに、コンサートの進行の細やかな演出、プロデュースを全て組み立てられた、牧 あゆみ先生のお力の賜物です。
そして、あゆみ先生の歌&パフォーマンスは、本当に本当にシビれました。

サポートメンバーで記念撮影!
憧れのあゆみ先生(左)と。
女性陣の衣装、全てあゆみ先生のものをお借りしました。

そして打ち上げは深夜まで…オリオンビールで乾杯し、盛り上がりました(^^)
あゆみ先生の愛、生徒さん達の愛…
相手を思う優しさと深さが蔓延していて、美しい時間を過ごさせていただいた沖縄時間でした。
一生、忘れられない想い出になります。
最高に心地よい風が吹いていた時間でした。
岡山にも、この風持って帰ります!


沖縄へやってきました。

一応お仕事として呼んでいただきましたが、初日は予想以上のデラックスなご褒美をいただきました。

まずはBLUE SEALのアイスクリームを!
私は沖縄田芋(たいも)チーズケーキ味を。
そして古宇利大橋を渡って、古宇利島へ。
そして、古宇利島では、ウニ丼をいただきました‼︎
沖縄でウニ⁈って意外でしたが、地元の方ならではのチョイス‼︎
贅沢なランチでした。
そして、この日はカヌチャ・ベイというリゾートホテルに宿泊させていただきました。
お部屋のベランダにはジャグジーが!
夜にはこちらに入りました。気持ち良かった〜!

そして美しいサンセット!
最高の贅沢でした。
夜はプールサイドで食事♪

ホテルの敷地内至る所が、美しいイルミネーションでした。
願い事を書いてハートを吊るすシステム↓
好きな事をして生きてる人間にとって、毎日がご褒美のようなものですが、
普段では味わえない、贅沢すぎるご褒美をいただきました。
中国二期会によるオペレッタ「こうもり」が終わりました。
今回はセミ・ステージ形式にて、私たちオーケストラは、舞踏会で演奏している設定。
アクセサリーや髪飾りなど、キラキラさせてください!という演出家さんからの注文だったので、
いつもよりキラキラさせた木管女子♪
↑こちらは前日のリハーサル風景

今回はオケピットでの演奏ではなかったため、歌を消さないようにと小さな音を心がけて演奏しないといけないなど、難しい部分もありましたが、
オケピットでは見られない、出演者のパフォーマンスが見れたので、楽しかった!
見惚れすぎて自分の吹く場所をウッカリ…ってらさならないように要注意でしたが(笑)

ソリストの皆さんの素晴らしさはもちろんでしたが、合唱、バレエの皆さんのパフォーマンスも素敵でした‼︎
何ヶ月もかけて、演出家の先生のご指導のもと、稽古を重ねていらっしゃった賜物に違いありません。
中国二期会の皆さま、出演者の皆さまのお陰で、楽しい時間でした。
貴重な経験ができました。

そして、音楽の力と笑いの力が、人を元気にするってことに改めて確信しました。
後楽園にて開催中の幻想庭園にて。
秋に出演するのは初めてでした!

しかも今回は、なんと独りぼっちのステージだったのです!
成り行きで引き受けた後に、30分×3ステージということが判り、流石に悩みました。。。
が、数ヶ月前にある人に言われた言葉「フルートだけのステージも、意外といいかもよ」という言葉が引っかかっており、試してみることに。

とは言え、先週末に出演したリープリック(私は別の用事で出演できなかった)から、凄い人出だったという情報を得て、緊張の数日間でした。
プログラムも悩みに悩み、自分の力量と闘いました。

防寒対策だけは万全に、いざ‼︎
園内は確かに素敵でした。

撮影スポットがたくさん‼︎

控室からステージまでなかなか到達できない(笑)


束の間、美しい紅葉も見れて良かった!

さて、演奏が始まる頃には、じわじわと人が集まってきます。
ドキドキ度は半端なかったですが。
モダンフルート、アイリッシュ・フルート、ホイッスルを駆使して、
アイリッシュやスコティッシュや日本の曲、クラシック…
今の自分の力、総動員で臨みました。

笛一本ではやはり、盛りあがりとしての物足りなさはあったと思いますが、
後楽園の幻想的な雰囲気や、美しい紅葉、綺麗な満月に助けてもらって、なんとか3ステージを終えました。
たまたま来た!という知人もいて「良かったですよー」とご褒美の言葉をもらえました。
ちょっと一安心…
写真もいただきました!

秋の幻想庭園は、明日、明後日も夜に音楽のステージがあります。
ぜひ、秋を堪能しにお出かけください♪
くれぐれも、あたたかくして‼︎
万博記念公園にて。

岡山マラソン開催日、マラソンスタートよりも早く岡山から脱出し、朝日に向かって大阪へ。
雲一つない快晴でした。

太陽の塔を横から拝めました。
ちなみにこの写真はお客様からいただいたモノ。
陽射しがキツく夏の終わりくらいの暑さだったのでは?
寒さ対策して行ったのに、汗だくでした。


スタッフの皆さんもとってもスマートな対応で、音響さんもさすがなお仕事!
とても気持ちよく演れました。
岡山でお馴染みのお方が何人か…
明るい写真達を撮ってくださったNさんも。
アウェイで知ったお顔を拝見すると、ホッとするし嬉しい。
応援に来てくださって、本当に感謝です!

色んなお店がいっぱい。
見てるだけで楽しい!
そうそう、最初にアイルランドに行った時、ガイドさんにold carのフェスに連れて行ってもらって、蚤の市を楽しんだことも思い出しました。
私は胸キュンのピアスをget!!


またまた喉風邪をひいてしまい、ハスキーヴォスになってしまった私をメンバーが気遣ってくれ、早めに大阪から脱出!
渋滞にもかからず、スムーズに岡山へ。
眩しすぎる夕陽に向かって帰りました。

弾丸な一日でしたが、このメンバーでのドライブは楽しい‼︎
こんな機会をいただけること、ご縁に感謝!


ふらここオーケストラ、昨日は真庭にある十字屋迎賓館に行きました。
このホール、響きが素晴らしい‼︎
今回の編成はドラムセットも入り、ギターやベースはアンプを使い、ヴォーカルも音響入れたので、
舞台上では、ストリングスやフルートの音色が消されているように感じましたが、
客席にはしっかり届いていたようです。

クラシックなど、アコースティックな編成だと抜群の響きでしょうね。
ピアノはベヒシュタイン‼︎‼︎
椅子が可愛い♪
いい音、してました。
控室の椅子も素敵♡
もともと酒蔵だったそうですが、ホールの入口に鎮座する…これは何をするものだったのでしょうね?
中庭も垣間見れました。
ケータリングもあり、リハーサル後に腹ごしらえ。
体に優しいベジタリアンカフェ「ボヌール」さんの、胡桃入りおにぎりと、大豆ミート。
絶品でした!

さて、フライヤーには14:30スタートとなっていましたが、田舎time?(異国time?)で15:00スタート(笑)
今回は真庭を中心に活躍中の、fullさん(唄、三線)を迎えて。
ふらここの歌姫、武田 知子さんと♪
沖縄民謡をイメージさせる楽曲ではホイッスルも吹きました。
オープニングアクトで出演してくださったフラの皆さんと、恒例の記念撮影。
そしてライヴ終演後に、出張料理人「沼本吉生」さん主宰「ヒトトゴハン」のパスタをペロリと。
お昼にメンバーが食べてるのを見て、どうしても食べたかったので(笑)
美味しかったです‼︎‼︎

そして近くでプチ打ち上げ♪
ふらここのメンバーは、様々なジャンルで活躍中のミュージシャンですが、
それぞれの音楽との向き合い方に触発されるし、
人生の楽しみ方、味わい方が笑えるくらい面白かったりする。
こんな喜怒哀楽を大事にしながら、何より自分の心地よさを大事にしながら、
生きていきたいなぁと思います。