BLOG

万博記念公園にて。

岡山マラソン開催日、マラソンスタートよりも早く岡山から脱出し、朝日に向かって大阪へ。
雲一つない快晴でした。

太陽の塔を横から拝めました。
ちなみにこの写真はお客様からいただいたモノ。
陽射しがキツく夏の終わりくらいの暑さだったのでは?
寒さ対策して行ったのに、汗だくでした。


スタッフの皆さんもとってもスマートな対応で、音響さんもさすがなお仕事!
とても気持ちよく演れました。
岡山でお馴染みのお方が何人か…
明るい写真達を撮ってくださったNさんも。
アウェイで知ったお顔を拝見すると、ホッとするし嬉しい。
応援に来てくださって、本当に感謝です!

色んなお店がいっぱい。
見てるだけで楽しい!
そうそう、最初にアイルランドに行った時、ガイドさんにold carのフェスに連れて行ってもらって、蚤の市を楽しんだことも思い出しました。
私は胸キュンのピアスをget!!


またまた喉風邪をひいてしまい、ハスキーヴォスになってしまった私をメンバーが気遣ってくれ、早めに大阪から脱出!
渋滞にもかからず、スムーズに岡山へ。
眩しすぎる夕陽に向かって帰りました。

弾丸な一日でしたが、このメンバーでのドライブは楽しい‼︎
こんな機会をいただけること、ご縁に感謝!


ふらここオーケストラ、昨日は真庭にある十字屋迎賓館に行きました。
このホール、響きが素晴らしい‼︎
今回の編成はドラムセットも入り、ギターやベースはアンプを使い、ヴォーカルも音響入れたので、
舞台上では、ストリングスやフルートの音色が消されているように感じましたが、
客席にはしっかり届いていたようです。

クラシックなど、アコースティックな編成だと抜群の響きでしょうね。
ピアノはベヒシュタイン‼︎‼︎
椅子が可愛い♪
いい音、してました。
控室の椅子も素敵♡
もともと酒蔵だったそうですが、ホールの入口に鎮座する…これは何をするものだったのでしょうね?
中庭も垣間見れました。
ケータリングもあり、リハーサル後に腹ごしらえ。
体に優しいベジタリアンカフェ「ボヌール」さんの、胡桃入りおにぎりと、大豆ミート。
絶品でした!

さて、フライヤーには14:30スタートとなっていましたが、田舎time?(異国time?)で15:00スタート(笑)
今回は真庭を中心に活躍中の、fullさん(唄、三線)を迎えて。
ふらここの歌姫、武田 知子さんと♪
沖縄民謡をイメージさせる楽曲ではホイッスルも吹きました。
オープニングアクトで出演してくださったフラの皆さんと、恒例の記念撮影。
そしてライヴ終演後に、出張料理人「沼本吉生」さん主宰「ヒトトゴハン」のパスタをペロリと。
お昼にメンバーが食べてるのを見て、どうしても食べたかったので(笑)
美味しかったです‼︎‼︎

そして近くでプチ打ち上げ♪
ふらここのメンバーは、様々なジャンルで活躍中のミュージシャンですが、
それぞれの音楽との向き合い方に触発されるし、
人生の楽しみ方、味わい方が笑えるくらい面白かったりする。
こんな喜怒哀楽を大事にしながら、何より自分の心地よさを大事にしながら、
生きていきたいなぁと思います。


今年も出させていただきました。

人生には色んな楽しみ方があるけれど、音楽やアートも是非楽しんでほしい。
そのきっかけを今日の岡山駅から…そんな願いで9回目となる、音活始発駅。
演奏が終わると、かわいい男の子(知人のお孫さん)が、とんとんと肩をたたいてきて、
「演奏、楽しかったよ。どーぞ」と、お花仕立ての飴ちゃんを(^^)
絶好のお天気の中、ステキアーティストがたくさん!
「たまたま通りかかったんだけど、前から気になっていたの」とCDを3枚大人買いしてくださった方も‼︎

そんな出会いにも感謝です。
いただいた飴を舐めながら、堪能しました。
ちょいと仮装はしましたが、
他人様には迷惑かけておりません!(多分)
 
Live&Bar NIKONIKOの空間内のみでのコスプレでした(笑)

ケルト文化発祥のハロウィンが、なんだか違う騒ぎになっているのは残念でたまりませんが、
私達はいたって真面目にハロウィン・ナイト!

アイリッシュの練習会をマジメにやって(仮装はしてたけど、笑)
ちょいとダンスして、
美味しいゴハンを食べて、
のらりくらりとセッションしてたら、夜は更けておりました。。。
可愛い人達も♡
戦利品はコチラ


さて、今日はケルト文化の新年、明けました‼︎
日本文化の新年までの2ヶ月間、全力で楽しみます(^^)



JOE enough fool プレゼンツ☆の楽しい時間でした!
こんなにステキな手作りのウェルカムボードまで用意してくださいました。
これだけでテンション上がります!
↑リハーサル風景
最後に一曲、私たちのオリジナル曲でコラボ♪
のつもりが、LeapRickの無茶振りにより、急遽もう一曲アイリッシュでコラボ♪
笑顔で応えてくださったJOE enough foolさん、とってもステキなバンドです。
まずは、私達のステージ。
ハロウィーンに纏わるアイルランド伝統曲などを。

ジョイナホーさんの音楽は、全てオリジナル♪クールで心踊る曲ばかり✨心地良いグルーヴでした。
そして最後のコラボでは、私達はもはや定番となった(?)緑の音楽隊衣装で(笑)
急遽無茶振りしたアイリッシュでは、やはり急遽ソロ回しという無茶振り!

でもさすがなパフォーマンスでした‼︎

ジョイナホーさんの上品でスマートなエネルギーに包まれた時間でした。
ありがとうございました!

聴き足りなかった&逃した感のある方へ‼︎
ジョイナホーのキュートなバンマス、Ümiçopy(ウミコピィ)さんとLeapRickは、今週末にもコチラのイベントにも出演します↓

11月3日(土)音活始発駅@JR岡山駅西口2F広場
10:00〜18:00までのイベントです。(無料)
私達LeapRickは12:30〜13:00
Ümiçopy(ウミコピィ)さんは13:05〜13:35
休日のお楽しみにお越しくださいね♪
昨日は姫路サウンドトポロジーへ!
今回はリーダーの桐山さんが都合で行けないので、私とNastueの2人編成です。
まずは、姫路の街をお掃除で綺麗にしているグリーンバードの皆さんと商店街を練り歩き、イベントの宣伝を!
グリーンバードのボス、たけちゃんは金髪のウィッグでアイルランドの悪ガキみたい(笑)
姫路で何度も私達のライヴをアレンジしてくれている、たけちゃん率いるグリーンバードは個性豊かな人達の集まってました。
そして商店街を楽器を吹きながらパレードの予定だったのですが、
台風過ぎた後の暑さ、
不覚にも風邪をひいてしまっての病み上がり、
リード楽器は私一人で、休みなく吹き続けるのは結構キツくて汗が滝のように…苦笑。
さすがにたけちゃんが気を利かせてくれ、練り歩きは演奏せず、所々で立ち止まって演奏させてもらいました。
グリーンバードの皆さんが、手拍子やダンスで盛り上げてくれました。
ありがとうございました。
練り歩きの後は、もとブルーハーツの梶原徹也さんによる、リズム遊びワークショップに参加。
まずは、ゴミ箱とガムテープを使って、my太鼓を作ります。
10分くらいで太鼓は出来上がり、リズム遊び。
最後は梶原さんがブルーハーツの名曲「青空」をドラムを叩きながら歌ってくださいました。
ブルーハーツファンの方にはたまらないイベントだったようですが、よちよち歩きの子供達もスティック離さず(笑)楽しんでいたようです。

そしていよいよ2人編成LeapRickのライヴ。
Nastueさんは2ヶ月前に入手したばかりのブズーキ、初披露‼︎
彼女は本当に器用ですが、それに加え、やり切る強い意志を持っている…
尊敬しています!

個人的には、今までのLeapRickのイメージを壊してはいけないとプレッシャーもありましたが、自分を鍛えるいい機会をいただけたと思います。
今までいかに、リーダーに頼っていたかも思い知りました。
なんとなく乗っかって、ではなく、自分自身からの音楽を強く発していくことで、もっとグルーブするものがあるんだろうな、と強く感じました。

色んなチャンスのどこを拾って、どこに満足を感じて、どこを次に繋げるか…
それは無限の可能性がある。
自分にとってタイムリーなチャンスを今日の収穫に‼︎

姫路サウンドトポロジーの関係者の皆さま、グリーンバードの皆さま、ありがとうございました!

シュトゥットガルト室内管弦楽団のコンサートに行ってきました。
予想外に渋滞していて、開演30秒前に滑り込み‼︎


今回のお目当ては、ウィーン・フィルのソロフルート奏者ワルター・アウワーさんの演奏。
プロコフィエフのフルートソナタを室内楽の伴奏アレンジにて。
この曲は第ニ次世界大戦中に作曲された曲。
紛争をイメージさせるような激しい部分と、対称的に風景や情景をイメージさせるような美しさが混在しています。
もともとはピアノ伴奏ですが、室内楽伴奏だとロミオとジュリエットを彷彿とさせ、面白かったです。
が、キャパ2000人のホールではなく、もう少し小さいホールで聴きたかったな。
前の方で聴いたからかもしれませんが、フルートの良さが伝わりにくかったような…
アウワーさんは難曲をもろともせず、後ろや横…と室内楽にコンタクトを送りながらの演奏でした。
個人的には、低弦が遠慮していたのか、少しアウワーさんの表現に絡めてない印象がありました。

アンコールはグルックの精霊の踊り。
美しい世界でした。

アウワーさんの演奏、もう少し聴きたかったなぁ。
またの機会を狙いたいと思います。
お知り合いの方が「勝手に作っちゃいました」と胸キュンの品をプレゼントしてくださいました。

アイルランドの国旗色‼︎
可愛い♡
しかも、メンバーの分まで3つ分♪

しばらくご無沙汰していて、SNSのみのお付き合いになっている方ですが、
「なかなかコンサートに行けないのですが」と…想いをいただきました。
久しぶりにお会いできて、嬉しかった!

ステキにラッピングしてくださっていて、開ける時のワクワク♡♡♡
こんな気持ちをいただけるなんて‼︎
幸せな時間でした♪

こんなキラキラで胸キュンな音楽を奏でていこうと思います。

共通の知り合いOさんの話題にもなって…
見せびらかしに行かないと(笑)







jammin’Zebのコンサートに行ってきました。
今日から西日本ツアーで、岡山は14:30〜POPと18:30〜JAZZの2公演‼︎
夕方からは仕事だったので、14:30〜の部へ。
午前中の仕事を終えて、jammin’ファンの友人が並ぶ会場へgo!
平日の昼間だと、やはり地方の小さな街ではお客さん少なめで…
お陰様で1列目に座れました(^^)
初・かぶりつき‼︎

いやぁ〜楽しかった!
かぶりつきってワクワクだけど、目のやり場に困るような、
場違いなコトやっちゃダメよね?など、ちょっとドキドキだったりしたけど、
どっぷり楽しみましたー♪

どちらかと言うとJAZZの部が聴きたかったけど、POPの部も大満足!
それぞれの歌唱力、アレンジもまたステキでした‼︎

ファンサービスもちゃーんとやってくれて、サイン会と握手会を初体験(笑)
楽しかったです!ステキでした!…しか言えなかったけど(^^;;
4人それぞれが「それなら良かったです」と握手してくださいました。

jammin’ファンの方は、私達よりも歳上の女性も多いのですが、皆さんとってもお洒落な服装でいらっしゃっていて、
どうやらファンの間でも、出来るだけお洒落してコンサートに行きましょうねと決めているらしい。
なんか、そーゆーのステキだな。
そんな中、私はほぼ普段着でしたが(苦笑)

↑18:30〜の部も満喫したjammin’ファンの友人より、衣装報告。
品格って大事ですよね。
次回は私もお洒落に着飾って行こうと思います。






守安ご夫妻によるワークショップ2days終了。
リコーダーのレッスンも受けました。
「随分上達したね!」と嬉しいお言葉をいただいた。
3ヶ月間、自分なりに時間を作りつつ頑張ったことだったから、大きな励みになって。
幾つになっても、褒められるって嬉しいものだな、と。

そんな今日、小1の男の子のレッスンを終えたところ「人にされてうれしかったことは何?」と問われた。
「〇〇君は何が嬉しかったの?」と尋ねたら、さっき私に褒めてもらったことと言う…

ん?私、褒めたっけ?と思い返してみると、
いつも彼が苦手としている事が今日はとってもスムーズに出来たので、「わ!今日は出来たね‼︎」と。
褒めたというより、出来た喜びを分かち合った感覚だった。

褒められるのは確かに嬉しい。
けど、そういう喜びの共感が、実はもっと嬉しいのかもしれない。

先日、オトナの生徒さんが不思議な笛を持ってきてくださいました。
コンサイス・フルートというらしい…
私はその存在を、初めて知りました。
(一般的なモダンフルートを上側に撮影↑)
フルートより、かなり小さめ。

そして指穴が大きい‼︎
この穴、塞ぐのはかなり難しいです。
S.45と書いてある…昭和45年っぽい。
「子供の頃、フルートに憧れて買ってもらったんですけど、難しくて挫折しました」…と生徒さん。

コンサイスって、簡素な、とか手短なという意味らしい。
んで、取説には、
「専門の先生方からの助言と体験をもとに完成しました」
…と。
しかしまぁ、この大きな穴を塞ぐのはかなり困難!
でもちょっと興味津々でしばらくお借りすることにしました。

facebookに投稿したところ、昔持ってたという昭和世代の皆さんが意外とたくさん!
そして口を揃えて「挫折した」と。
…でしょうねぇ。。。

なんとF管です。(ドレミ…という運指で吹くと、ファソラ…が出る)
んで、半音なんて出そうとするには…
穴を半分だけ塞ぐのですが、そうしようとしたらば他の穴も開いてしまう、という。。。
音程も不安定だし、なかなか手強い。

「お手軽にフルートを楽しめます」のキャッチコピーは罪だと思いますが。
だから廃れてしまった楽器なのでしょうねぇ。
昭和世代である私でさえ、知らなかった(笑)
…幻の笛とも言えるのかもしれませんね。

日本木管楽器 設計監修、興野製作所という所が作った楽器のようです。
まぁ、初心者には決して易しい笛ではないですし、
モダンフルートとはちょっと別物ですが、
笛であることに間違いないし。
笛吹きな私にとっては、もう少し仲良くなってみようと思います(^^)




日曜日は尾道のイタリアンレストラン「トランクィッロ」さんで、ライヴさせていただきました。
この素敵なフライヤーのデザインをしてくださったのは、今回のオープニングアクトをしてくださった、素敵な夫婦デュオStetecoさんのクワダナミエさん♪
なんて柔らかなハートをお持ちの方だろう…と、お会いするのを楽しみにしていました。

トランクィッロさんは、5月に府中でライヴさせていただいた時にもお越し下さったIさんが設計されたお店だとか…
ステージ側の壁が、ちょっとわかりづらいけど、ドーム型になっています。
可愛い照明♪
木の感じがステキなお洒落な店内でした。
↑今回もライヴをブッキングしてくれたShokoちゃんの一番のお気に入りポイントだそうです。
そしてStetecoのお二人♪
最近ボサノヴァにハマったそうですが、一曲一曲にじっくり向き合って、楽曲の魅力にどっぷり浸かって歌われていて、
すっごく素敵でした。
こんな風に丁寧に音楽されてるお姿を、見習おうと思いました。


さて、雨の中ではありましたが、Shokoちゃんのご尽力のお陰で、満員御礼!
この日特別のアイリッシュピザも、釜で焼かれていました。
そして私達のステージ♪
LeapRickのアイリッシュに合わせて、フラダンスの先生でもあるShokoちゃんがフラを即興で踊ってくれました。
美しかった…
最後は、Shokoちゃんを含め、岡山アイルランド愛好会の仲間にも加わってもらってセッション♪
こんな風に手拍子と共に笑顔が咲く瞬間が、私はたまらなく好きです!
お越しくださって、私達の愛する音楽を共に楽しんでくださった皆さま、
本当にありがとうございました。



お待ちかねのピザ時間‼︎
アイリッシュにちなんで、ポテトがのってました。
美味しかった!
アンチョビのピザも食べました(^^)
広島ならではのタバスコも⁈

と、そこへホイッスルに興味を持ってくださった方が話しかけてくださり、プチ・レクチャーを…
試しに少し吹いていただいたら、難しそう…と一瞬躊躇ったものの、
「でも笛一本であんなに感動を与えられるって凄いですね‼︎」と、ホイッスルを買ってくださいました。
私にとっては最高のご褒美‼︎
嬉しすぎて…何度も噛み締めました。
達人に向かって、これからも頑張ろう!

オーナーさんも「また是非、演ってください」と嬉しいお言葉を‼︎
幸せな夜でした。

思い返せば2年前の尾道から始まったShokoちゃんとのご縁…
その深まりを、明るく楽しい夜が証明してくれました。