BLOG

図書館で借りて面白かった本。

って言っても、読書ペースがめっちゃ遅い私は…返却期限までに読み切れなかった、とも言う。。。σ^_^; 
(どうやったら速読ができるようになるだろう?)
ってことで、ポチッとしてみた。 

古代の項には、ケルト文化のドルイドが出てきたり、旧約聖書や歴史など最近勉強中の、西洋絵画に纏わる言葉たちがあちらこちらに。
音楽の世界も、恥ずかしながら、まだまだ知らない事がたくさん…(苦笑)
「創世記」によると、アダムとイヴから8代目にあたる三兄弟、ヤバル(家畜を飼う祖先)、トバルカイン(青銅や鉄など刃物を鍛える祖先)、ユバル(琴や笛を執る先祖)が記されているとか…
古代の時代から、音楽は食べ物や道具と同じくらい、人々の生活にとって、なくてはならない大切なものと考えられていたのですね。

コロナ禍でイベントはほとんど皆無に近い今年…音楽は二の次って考えられるかも?と、覚悟していた部分もありますが、
ここ最近、少しずつ生徒が増えつつあります。
子供たちにも音楽の力を味わってもらえるように、音楽の魅力を伝えられるように… 
無知の知から、新たな未来を描きます。
単なる呟きです、あしからず(^^)

ステイホーム期に、改めてバーンスタインの素晴らしさに打ちのめされました。
もう30年も前に旅立ってしまった巨匠…
訃報を知ったのは、朝のFMラジオだった。
その日、吹奏楽部の顧問とその話題について話した事を覚えてる。
当時は、素晴らしいマエストロの一人が旅立ったという認識でした。

近年は演奏だけでなく、レクチャーまでもYouTubeでも公開されている…凄い時代になったものです。
バーンスタイン好きの師匠の影響もあり、以前からその凄さは解っていたつもりでしたが。

バーンスタインの愛に溢れた言葉、繊細で壮大な音楽…その根底に流れる、揺るぎない想いの深さに強い感銘を受けました。
とめどなく涙が出て、救われた…という気持ちになりました。尊敬の念と共に、やっぱり好きだぁ〜という気持ちを再確認!
英語でのレクチャーはまだまだ聞き取れない箇所多々ですが、少しずつ解るようになりたい!

バーンスタインの本を胸キュンで読むのは癒しの時間♪

そして数週間前に、Vadim Repinというシベリア出身のヴァイオリニストの演奏にハマってしまい、すっかりファンに♡
見た目も紳士なのですが、奏でる姿も本当に心地いい‼︎
眠る前にYouTubeで憧れの世界に浸る日々…

アイリッシュで最も惹かれるのは、Tommy Peoples(フィドラー)だし、来世ではヴァイオリンやりたいのかも…
(今世ではキラキラ星さえも弾けないけれど、苦笑)

もうあの世に行ってしまったバーンスタイン、そしてトミー・ピープルズ…
生きてる時に一度、生で音楽を聴いてみたかった。 
叶わなかった夢。。。

レーピンさんの演奏は、いつか生で聴きたい‼︎‼︎
トキメキの心と共に、夢をしっかりと抱きしめて♡


昨日は、リープリックでケアハウスの演奏でした。
以前にも数回呼んでいただいたケアハウス…
こんな情勢下でオファーをいただけるなんて!
ケアハウスでも様々なイベントが中止になってしまったので、入居者の皆さんも楽しみにしている…とのこと。
中庭(屋外)にてのパフォーマンスのため、お天気が心配…
しかし数日前から、予報は雨マーク!
でも、ちゃーんと晴れました♪
昨年、沖縄でゲットしていた衣装、ようやくお披露目できました!

中庭に設置されたステージの正面にてお聴きくださった方もいらっしゃれば、中庭を取り囲む建物の2〜4階には、入居者の皆さんがあちらこちらから顔を出してくださって!
(おそらく立ったまま‼︎)1時間のパフォーマンスを、笑顔で楽しんでくださいました。

久しぶりに演奏できる喜びに、プログラムの最初は「Happy to meet,Sorry to part」という曲から。
会うのは嬉しい、別れるのはさびしい…
けれど、淋しさは次の幸せに繋げるための愛しい感情だと思うのです。
人生は幸せだけじゃない、淋しさや悲しみ、苦難の中に深まるモノがある…

そんな想いで選曲しました。
私達にとってはあっという間の1時間(まだまだ演り足りないくらい、笑)でしたが、
プログラムの最後に、再び「Happy to meet,Sorry to part」を演りました。
またお会いできる笑顔を楽しみに♪

音響を担当してくださったイッシーさんは、先日の自主コンサートやスキッパーズのセッションなどにも駆けつけてくださり、私たちの要望を汲み取って、色々と準備してくださっていました。
お陰様で、とても心地よく演奏できました!

皆さんの笑顔、スタッフさんの優しさに包まれて、幸せな時間でした。

音楽や芸術の力を感じ、信じてくださる輪が、もっともっと広がることを祈ります。
腑に落ちない我慢や、周りの目を気にする日々は、やはり精神的な不健康に繋がると思うのです!
心が欲する事に正直であること…
芸術はそんな事に気付かせてくれる、その大切さ教えてくれるものですね。
明るい輪がどんどん広がっていきますように‼︎






2年前の恐怖が蘇るこの数日間…昨夜の雨も時折とても激しくて、心配で何度も目が覚めました。
夜が明けたら予想外に晴れ間が‼︎
ご予約いただきながらも、大雨の影響で来られなかったお客様もいらっしゃいました。
そんな中でお集まりくださったお客様を前に、数ヶ月ぶりのアウトプット♪

妖精伝説をテーマにしたコンサートでしたが、
根底にあったのは、アイルランドの自然豊かな風景…
木の葉のざわめき(何かの気配を感じるような🧚‍♂️)
牛や羊たちを抱く、広大な大地の匂い
見たこともないくらい無数に輝く満点の星空✨

地球ってこんなに美しいのか…
かの地で味わった、たくさんの感動を思い出していました。

自然と共存すること、地球への愛しみ…
地球の恩恵を自覚することなく過ごし、
自然の脅威ばかりを感じていた。
…コロナさんのお陰で、再認識できたこと。

コロナ対策で色々な制約がある中、何故こんな形でコンサートを開くのか?
演奏したい‼︎という気持ちも勿論ありました。
でも、自分達の演奏の中に、伝えたいメッセージがあった…それが原動力でした。

換気のお手伝いや、アルコール消毒のお手伝いを、ごくごく自然に動いてくださるお客様…
とっても柔らかなぬくもりに満たされた一日でした。
ありがとうございました!

引き続き、各地の大雨被害が少ないことを、心から祈ります。
地球への愛を、心にしっかり抱きながら‼︎
アイリッシュ・ユニットLeapRick 、コンサートを企画中です。

そして、一昨日は月に一度のスキッパーズ・セッション!
2ヶ月の止まった時を経て、77回目‼︎
電車に乗ったのは3ヶ月ぶり⁈
夕方ラッシュの時間だったので、なんとなく緊張感を覚えつつも、
久しぶりにギネスを飲めて満足(^^)

久しぶりに会えた仲間が、結成8周年のお祝いをプレゼントしてくれました!
お客さんから、お料理の差し入れもいただいて‼︎
喜びが行き交う感触…嬉しいひと時でした♪





昨日6月4日はアイリッシュ・ユニット、LeapRick(リープリック)の8周年アニバーサリーでした。

あっという間の8年間、色々な出会いがあり、支えがあり、たくさんのステージをいただきました。
ありがとうございます!

ポスト・コロナには、新しいスタイルでアイリッシュを届けていけたらと、模索中です。

そういえば数日前、高校時代にフルートを習っていた恩師からお電話いただき…
「以前に録画していた音楽番組を今日観ていたら、アイルランドの音楽をやっていてね、
(豊田耕三さんが出演されていた番組です)
アイリッシュってちゃんと聴いたことがなかったんだけど、楽しい音楽だねぇ。
宮尾さんがアイリッシュにハマってアイルランドまで行った気持ちがわかったよ。
それを伝えたくて電話したんだ。
しばらくは色々と大変だろうけど、頑張ってね」と…

コロナ騒動で、岡山フルートの会が主催するコンサートも中止になり、フルート仲間にも会えない日々ですが、
久しぶりに恩師(80代)の生き生きとしたお声を聞けて、
そして私が好きな音楽に興味を持っていただけたことが、とっても嬉しかった。。。

同時に、まだまだアイリッシュに馴染みがない方もいらっしゃることを実感…
昨年末に小さなソロコンサートをやった際、アイリッシュも数曲やったので、
聴いてくださったフルート関係者も何人かはいるけれども…
私自身が攻められていない余地、まだいっぱいあったんだ。。。
恩師にもぜひ、私が演るアイリッシュを聴いていただきたいし!
まだまだ拡がる可能性はあるはず‼︎

ってことで、しばらくの間は、屋外になっちゃうかも?ですが、
あちこちに出没しようと目論んでいます。
天気のいい日限定で(笑)

そんな訳で早速ですが、明日は「勝手にアニバーサリー記念」と称して(?)バスキングやります‼︎

6月6日(土)15:00〜17:00頃
@岡山後楽園地先 旭川のほとりに立つ「水辺はももくん」近く
後楽園の駐車場から行けるようです。
ソーシャル・ディスタンスを保ちながら、アイリッシュをお楽しみいただけたら嬉しいです。



少しずつ、賑わいが戻りつつありますね。
自分の体力も含めて、様子を見ながら…な感じになりそうですが。

今月のアイリッシュ・セッションも、大々的な告知はせず、
集まれる人のみのセッションでした。
いつもより短い時間内でのセッションでしたが、久しぶりに仲間と音楽できました。
改めて、愛おしい時間だと思いました。
県外の仲間とも、早く一緒に演れるといいな♪

我らが事務局長も聴きに来てくださり、
なんとメンバーにお花のプレゼントを‼︎
ロスフラワーのシェアってことで、買ってプレゼントしてくれたそうです。
(なんて男前‼︎…男性の皆さま、ぜひ見習ってください、笑)
限られた生命の輝き、愛でさせていただきました。

日曜日は近所の公園で、久しぶりに友人と会いました。
テイクアウトして、木陰で食べました。
美しすぎる季節…
少し前に比べると、街に繰り出す人が増えたのか、公園内は逆に人口密度が低くなっていました。

それにしても、こんな風にゆっくり過ごすのっていつ以来だろう?
土日こそ稼ぎ時…という日々を、長らく過ごしてきました。
お日様のエネルギーを浴びてゆっくり過ごす週末ってのも、いいものですね。
かなり暑い一日でしたが、木陰を吹き抜ける風が心地良かった。

まぁ、今は週末どころか平日でさえ、ゆっくり過ごしていますが…(*_*)
お金の心配さえなければ、こんなスローライフは理想だけれども。

国からの10万円はまだですが、岡山市の事業継続支給金は振り込まれていました。
あっという間に消えてしまいそうな額ではあるけれども、ありがたい。

働き方改革というか、
生き方改革というか、
思考改革っていうのかな?
今までの常識とは違う、新たな思考が必要なのでしょうね。
理想だよなぁ〜と諦めていた生き方も、見方を変えると意外に出来ちゃうことなのかもしれない。

何にお金を使うのか?
何をしてお金を得たいのか?

齷齪するのでなく、もう少し大きな気持ちで生きている意味を味わってみようかと思います。

大人にとって、慣習で動くのは楽チンですね。
もう子供じゃないんだからって諦めるのって、きっと勿体ない。

もっと無邪気に、
好奇心でワクワクと、
チャレンジ精神いっぱいに(^^)

遊びごころいっぱいの日々を模索します♪

もともと引きこもり体質なので、まぁあまり苦にならないステイホームなGWが終わりました。

♣︎初めてzoomミーティングを体験しました。
うーむ、やっぱり私はアナログ派だということが判りました(苦笑)

♣︎自分の料理の腕前に落ち込んだ。
こんなに下手だったっけ?
いや、私の舌が肥えたのか?
(どちらもです、笑)

美味しいお料理のテイクアウトは私の幸せにとって必須!という事を痛感しました。
とはいえ、節約生活を余儀なくされている現状…

給付金の申請をして、好きにお金を使える日を首を長〜くして待ちつつ、
でも、やれるところから少しずつ、ガス抜きしていきたいと思います。

そして、私にとって音の波動がどれだけ必要かということも、身に沁みる時間を持つことができました。 
コロナさんのお陰様!な気付きや見直しも多々‼︎

メディアが何かを執拗に取り上げる時、大抵はその裏に何かがあるってのが世の常。
コロナを恨んでるだけで良いのか?
コロナよりも恐れるべきものがあるのでは?
そして大切に守りたいものは何なのか?
色んな事を考える機会になりました。

緊急事態宣言は引き続いているものの、岡山は少しずつ緩和されそうですね。
そんな折、とても励まされるブログを紹介していただきました。
今回のコロナ騒動における不安や違和感を払拭してくれました。
良かったらご覧ください。
(初めてリンクのやり方がわかりました、笑)

この騒動の中、手探りで感じでいた事も、説得力のある説明で、勇気づけられました。

一時は「想いだけでは勝てないモノもあるのかも?」という信念が揺らいだけれど、
人の心が身体に及ぼす影響、個々の心のあり様こそが社会形成の根源である事を知りました。
やはり、「全ては自分の中にある」と思えるようになりました。

自分の【氣】をしっかり固めて、放出していきたいと思います。
ナツノマスク2枚が届きましたー‼︎
リープリックのリーダー桐さんからも以前に手作りマスクをいただいていますが、
今度はナツさんからも♪

クオリティー、凄すぎ!
着け心地めっちゃ良い‼︎
尊敬しかないです。

愛を紡ぎ、伝え、届ける生き方…

自律神経が狂いそうな日々に、こんな風に笑顔の時間を持てる喜び♪
私は私なりの方法を探していこうと思います。

さて、昨夜の深夜0:00〜NHKのEテレで、「緊急対談パンデミック ユヴァル・ノア・ハラリとの60分」という番組を見ました。
師匠からのおススメ情報で、ちょうどハラリさんのベストセラー「ホモ・デウス」も読んでいるところです。
まだ上巻の半分ほどですが(苦笑)

この中に書かれていることが集約されている60分でした。
このコロナ騒動で混乱している世の中で、リーダーを求める情勢、そこから民主主義が崩壊していく危険性、
テクノロジーを取り入れていく急速な社会変化、一見コロナ対策と言われていることが、
その後テクノロジーに管理されていく世の中へ、
そしてホモ・サピエンスが持つ最大の能力「協力」こそが、この状況を乗り越える鍵だと。
個々の国レベルではなく、世界レベルで協力が必要だということ…

昨夜は半分寝落ちしながら見ていました。
録画していたので再度見て、落とし込もうと思いますが(苦笑)

ホモ・デウスは論理的で私にはちょっと難しいので、読書の進度が遅いのですが、
歴史学者であるハラリさんの言葉は、過去の事例も考察した上で、未来を見通していらっしゃり、
奥行きのある説得力を感じました。

ここ数ヶ月の、よどんだ世の中の空気に風を吹き込んでくださった印象でした。
たくさんの危険性を指摘されながらも、世界的な協力があれば、乗り越えていけると思う!
と、希望のメッセージを、最後に届けてくださいました。

私達はやはり、目先の事に振り回されてはいけないのだと思います。
日本のリーダー達の政策&発言にも、いちいち違和感を感じる日々…
結局必要なのは、この見通し感なのでしょうね。。。
私はまだまだ見えていない事が多々です。
日々、学びです。




アイルランド音楽の初心者向け練習会、5月も中止を決め、代わりに今回も動画を上げることに。
家で動画撮影がどうも気が乗らず、外の空気を吸いに行こう!と。
この時期なので、人がいない場所…と思い付いた場所へ車で向かう。
何故だかアイルランドを思い出す河原へ。

土日は少し人が戯れる場所だけど、平日は多分さほどいないはず…
おっ!誰もいないじゃん♪
と、近づくと、なんと入口にロープが‼︎
その河原は公園であり、GWが終わるまでは入園できない、とのこと‼︎
まさか、こんな田舎の河原まで…
侮っておりました。。。

仕方なく家に向かう帰り道、そう言えば先日通りかかって気になっていた河原があった!と…
そこは封鎖されていませんでした。
しかもここなら家から歩いて来れる距離‼︎
これはいいお散歩コースを発見☆

ほとんど人がいない河原で、久しぶりに深呼吸〜♪
ポカポカ陽気に魚が跳ねて、鳥のさえずりの中、しばし笛を吹く。
(通りがかりのおじいちゃんに、遠くから見つめられた、笑)

運動不足とストレスは、体に毒ですね。
コロナ太りも自覚しつつも、食べることがかなりの楽しみになりつつある…苦笑。
謎のスイーツ欲求も、、、
家に閉じこもっていては、自律神経もおかしくなります。
健康な精神→健康な身体を目指しましょ♪

密な場所は避けつつも、心地良い空間と時間、探していきましょう♪
この風潮に負けてたまるかぁ(>_<)と思いつつも、気持ちがどんよりとしていたのも事実…

人と会う機会がめっきり減ってしまうと、
社会の中での自分の役割、そのリフレクションが感じられなくなる。
これは、なかなかキツイものですね。。。

芸事は生活に必要ではない…一般的にはそうですよね。
だけど、そんなの認めたくない!と、個人的には抵抗感を抱いているのですが、
結局はエゴを優先しているたけなのだろうか?
と、ちょっと弱気になったりして…

なんだか萎えそうになっていました。
我慢の時とは解っていても。

そんな折、今年も2年目のデンドロビウム、第一号が咲きました‼︎

2鉢のうち、こっちの方が先やろ〜(今にも咲きそうな蕾多々)の予想を、見事に覆されましたが(笑)
ぱぁーっとモヤモヤが晴れた☆ 

花のエネルギーをいただいて、負のスパイラルから脱出‼︎

人になんと言われようと、粛々と自分の信念を貫こうと思います。
何が正しいのかなんて、言い切れないからこそ、
そこに自分なりに美学を感じるのであれば、それは強いエネルギーを生む!きっと。

当然、それに共感する人と、共感しない人はいるでしょう。
何を信じて、幸せと思うか?
人生はそこに尽きるのではないでしょうか?

毎月第3水曜日にアイリッシュ・セッションでお世話になっているSKIPPER’Sさん、
やはりこの騒動で夜営業はとても厳しい状況だそうで、昼営業やテイクアウトで頑張っていらっしゃいます。

昨日のお昼は、スパイスカレーをテイクアウトして帰りました。
美味しかったぁ‼︎

こんな風に必死で頑張っている個人事業主や、必死で節約している日本人は沢山いるはずなのに、
日本の政治家さんには、そんな苦労は見えていないのでしょうね。
本当にお金に苦労した事がない人達の発想なんだろうなぁ、という政策に辟易しています。。。

非常事態宣言の対象区域が全国へと拡大されました。
もちろん、感染拡大防止は大切な事ですが、
政策が全て、方針の誤りを取りつくろうために二転三転しているのを見ていると、
政策の裏さえ感じてしまい、不信感が募るばかりです。

言われたからやる、という判断は、本当に正しいのでしょうか?
私は不信感を抱くモノに、身を捧げたくはありません。

指示してもらえないと動けない…そんな人間は、そのうちAIなんかに負けてしまう、無能な人になりそうです。

だからといって、反発すればいいと言いたいのではなく、
クラスターの発生防止は、今とても大切なことだと認識しています。

自分の行動の、何が社会貢献となるのか?
自分の行動の、何が誰かのエネルギーになるのか?
自分で選択して、意思を込めて行動していくこと…
これこそが自重なのだと思います。

この後、世界はAIの時代へと変わっていきます。
そんな中で、人間の魂はどれだけの力を発揮できるでしょうか?
これからの在り方を考えさせれる日々です。