BLOG

昨日はドイツの森へ。
ドイツの森なのに、アイリッシュを呼んでいただきました(^^)

とっても晴天‼︎
10月とは思えない陽射しと暑さでしたが、気持ちのよい芝生広場での演奏。



ドイツの森、何年ぶり⁈
…思い出せないくらい久しぶりの訪問でしたが、こんなにステキな場所だったのね⁇
ワンちゃんもOKだし、動物にも触れ合えます。
なんと10月末まではハロウィーンの仮装(一部でもOK!)で入園料が半額‼︎
土日限定で、14:30〜お菓子投げ会もあるそうです。
お子様連れには特に嬉しいですね!
岡山市内からは車で1時間くらいかかりますが、緑に囲まれてのんびりとした休日を過ごせる、ステキな場所ですね!
ランチのバイキングも美味しかったです。
ドイツの森、おススメです‼︎

そして、私達の演奏を聴くためにお越し下さったお客様もいました。
(なーんと、リープリックのCDを全て持っていらっしゃるとのこと‼︎)
嬉しすぎる…泣。

さて、ドイツの森から遡ること2日前…
アイルランドからブライアン・マッグラーさんと町田かなこさんをお迎えして、レクチャーセッションでした。
たくさんの仲間が参加してくれました!
そしてその前夜は、以前アイルランドに行った時にホームステイさせてもらった、ロウ・ファミリーがなんと岡山に来てくれ、
嬉しすぎる再会でした!
子供達がビックリするくらい大きくなっており(身長的にも‼︎)、一緒にセッションもしました。
1時間ほどの時間しかなかったのですが、なんだかアイルランドに居るような気持ちになりました。
ファミリーの後ろ姿を見送りながら、なんとも言えない気持ちになりました。

月日の流れを感じながら、時々感慨深い気持ちになるけれど、
時間は未来から流れてくることを忘れずに、
その流れの中に漂うものから何を掴み取り、どんな余韻を残していくか?
風が教えてくれることに敏感でありたいと思います。






【ル・ポン国際音楽祭】のコンサートを聴きに、赤穂市文化会館へ。

樫本大進さんが創設されて、今年で12年目だそうです。

実はひょんな所でチケットをゲットできて、出演者もろくにチェックしていなかったのですが、
エマニュエル・パユ(fl)、セルゲイ・ナカリャコフ(tp)など錚々たる出演者‼︎
なのに、入場料1000円!
平日なのに、大ホールは満席でした。
一週間開催されているようですが、なかなかチケットが取れない賑わいとなっている音楽祭のようです。

隣の県ではありますが、ウチからは車で1時間ほどの場所での国際音楽祭!

一流の音楽家達の演奏を聴きながら、それぞれの音楽の持ち味を最大限に輝かせるようになりたいなぁと、強く思いました。

帰りは暗闇の中、Googleナビさんに「嘘〜⁈」って道をナビされましたが。
来年も来れたらいいなぁ!


補助金をいただいて、初めてポスティングを試みることにしました。

これまた初めてデザイナーさんにチラシ作成を依頼し、てんやわんやな日々でした(汗)
デザイナーさんにも色々とご迷惑をおかけしながらも、快くご尽力いただき、本当に感謝です!
屋号をロゴ風に考えていただいて、それがとっても気に入って、

ちょうど新調しかけていた手作りトールペイントのボードの屋号も、急遽ロゴ風に合わせてみました。
ま、私のトールペイントは、大好きな藤城清治さんの思いっきりパクリですが(苦笑)


チラシ作成にあたり、自分がやろうとしていること、やりたい事の根っこみたいなものがようやくクリアーになってきました。

って、今ごろ?って感じですが(苦笑)

自分の中で迷いや、戸惑いがあったのは事実です。

私はどんな音楽を目指すのか?
音楽の中にある光と陰に、自分の心をドキドキさせていたいし、
そこに宿る想いを伝えられるプレイヤーで在りたい。

そして、音楽教室で何を目指すのか?
音楽を通して、豊かな心を、
意思を表現する自分の強さを、
他者を思う優しさの輪を、
広げていきたい。

自分の理想の世界をしっかりと妄想して、
理想の世界との距離をきちんと見極め、
諦めずに縮めていく努力を、日々実行していきます!


備前市伊部にて、いんべノミーノ&灯街道 夜市のイベントに出演してきました。
岡山が誇る備前焼の町…

私達の演奏のために会場提供してくださった、大饗邸はやはり代々続く備前焼作家さんだそうで、とっても気さくに私達を受け入れてくださいました。
演奏前に、備前焼の窯を見せてくだいました。
窯の中に入らせていただきました。
意外と広い!
けれど、もっと大きい窯をお持ちの家もたくさんあるそうです。
この窯いっぱいに作品を並べて、9日間焼き続けるそうです。
8時間毎に交代しながら、寝ずの番だとか‼︎
随分前に一度、備前焼のビールジョッキと小鉢を作って、焼いていただいたことがあります。
もちろんこんなに薄くは出来ず、不恰好な代物でしたが、ビールの味は美味しく感じ(笑)、小鉢も長く愛用しました。
藁を付けて焼くと右のような作品になります。
(私もこの藁ヴァージョンでビールジョッキと小鉢を作りました)
真ん中の作品の微妙な輝きは炭を入れることにより出来るそうです。
そして左の作品の上部の模様は、焼く際に入れる赤松の灰によって出来るものとか…

色んな説明をしていただいて、備前焼に、より愛着を感じるようになりました。

演奏にも、とてもあたたかくご協力いただき、大饗邸にての演奏スタート♪

こちらのイベント出演に繋げてくださった、カフェランバーさんや、私の英語の先生や、お友達や…
たくさん集まってくださって、ニコニコと聴いてくださいました。

その後は夜市の会場にて、演奏。
ガヤガヤした中での演奏でしたが、最初から最後まで聴いてくださったお客様や、
演奏後に、パパッと切り絵を作ってプレゼントしてくださったお客様も。
毎年秋に開催されている備前焼祭りも気になります。
いつかご縁が出来るといいな♪
FMレディオモモさんの番組出演のお話をいただき、収録してきました。
なにかのイベントの告知などでは何度もラジオに出演させていただいていますが、
いざ、私についてお話聞かせてくださいと言われると、急に戸惑ってしまう。。。

自己PRがつくづく苦手だと実感しつつ、フルートのこと、アイリッシュのことなどなど、話してきました。

アナウンサーの方と、ナビゲーターの方がお二人…普段あまり音楽に関わりがない方とお話する中で、
普段の環境が、いかに音楽好きに囲まれているかを実感しました。
アウェイ感の中で人に伝える難しさを感じると共に、
いつも無意識のうちに、人の熱量に便乗していたことにも気づかされました。

自家発電力、あげていきたい!

言葉の力はもちろんのこと、〜したい!をどこまで育み、愛してあげられるか。
そしてある意味、頑固にしていけるか。

十人十色…だからこそ、世界は面白い。
全ての人に受け入れらるとは限らないという大前提のもとに、自分の情熱をどんな風に伝えられるか?

私自身の力を信じてあげること、そして
私だからこその発信を、これからも模索していきます!

レディオモモ「未来への情熱 キックオフ」
番組放送は、本日20日(金)19:00〜、27日(金)19:00〜だそうです。
よろしければ、是非!
フルートアンサンブル「ローザ」
CD発売記念コンサート 〜ローズ・ローザ 開花!〜

ご来場くださった皆さま、本当にありがとうございました!
今回、大恩人からまたまたお祝いのプレゼントをいただく運びに‼︎
ステージに照明を入れていただきました。
こちらはリハーサル風景ですが、ルーテル教会の壁が色付けられました。
照明を担当してくださった、オールライツの青井さんの計らいで、薔薇が出現‼︎
メンバー 一同テンションあがりまくり♪

こんなプレゼントをいただいて良いのか?
と、躊躇いもありましたが、ありがたく拝受させていただきました。
こんな風に応援してくださったり、何より毎回のように聴きに来てくださる方々のお陰で、今日という日があります。
つくづく幸せ者だと思いました。

そして、久しぶりの4人ローザ♪
東京在住となった小池さん、前日に岡山入り。
5時間弱のリハーサル後、夜は前祝い(?)の飲み会(^^)

私達が12年感続けてきた演奏会、音楽桃源郷を毎回のように手伝ってくれた長谷川楽器店の田栗さんと井本さんにも参加していただき、感謝を込めての飲み会♪
田栗さんは今回も手伝ってくださるので、しっかり餌付け(笑)
明日は開演前にね、携帯の電源は…云々のアナウンス、お願いします。
んで、CD買ってねーって、みんなに上手にアナウンスしてくれたら嬉しいんですよねー。

とか言ってる図(多分…笑)

餌付けされた田栗さん、さすがな働きでコンサートをサポートしてくださいました。
照明の青井さんも含め、頼れるスタッフの方々に今回も支えていただき、本当に感謝です。
↑ 本番直前の、行ってきます!ショット。
メンバーの野﨑さんの旦那様が、ビデオとカメラを携えて、せっかくの照明模様を撮影してくださることに!
リラックスしすぎ(?)

さて、予想以上のお客様にご来場いただきました。
今回はプログラムは作らず、MCのご案内のみでしたので、一応セットリストを↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
彼方の光 / 村松 崇継
フィオリトゥーラ / 八木澤 教司
カリビアン組曲 / B.ケリー
トリプルあいす / 八木澤 教司
4つの小品 / M.ベルトミュー
チョコふぇす! / 八木澤 教司
アニーローリー / J.D.スコット夫人
ローズ・ローザ / 多久 潤一朗
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
MCでメンバーそれぞれのキャラも察していただけたのでは?と思います(笑)

あっという間のミニコンサートの後は、CD販売させていただきました。
たくさんの方々がCDを買ってくださり、とても嬉しかったです。
お一人お一人とゆっくりお話できなかったのがちょっと残念でしたが。
また皆さんの感想など、じっくりお聞かせいただければ幸いです。
お越しくださった皆さま、本当にありがとうございました!

怒涛の2日間でしたが、ようやくここに辿り着けたという達成感のようなものも感じています。
開花から得た喜びを、それぞれのエネルギーに!

今年も夏休みのお楽しみ会を企画。
少し前から英語に興味をもっている生徒がいること、
そして私自身が以前から興味を持っていた、マザーグースをもう少し知りたいなぁという思いから、今年は「英語と音楽であそぼう会」
今日は4人の生徒達、そしてそのお友達2人、計6人の小学生が参加してくれました。
前半は英語の先生、高取つかさ さんに講師をお願いして、英語の歌を歌ったり、手遊びしたり…

2年生1人、3年生3人、4年生1人、5年生1人…
子供の成長は一年ごとでも大きな違いなので、様々な年齢の子供達相手のワークショップは難しかったのでは?と思いますが、
手を変え、品をかえ、子供達を楽しませてくれました。

いつもは元気いっぱいの子供達が、さすがに初対面だと、そして英語で喋られると(?)ちょっと固まり気味…
いつもよりとても大人しかったのですが。
でも、終わった後に感想を聞くと、「英語はわからなかったけど楽しかった」と。
子供達ってこういう柔軟性で、色んなモノを体得し、成長していくのでしょうね。

英語での30分の後、楽器を使って「音楽であそぼう会」
積極的な子と、ニコニコ穏やかに対応する子など、それぞれの個性が発揮されつつ、
一緒に音楽で遊んでいる間に、気が付けば初対面の子ともお友達に(^^)
別れ際には笑顔で手を振って、お互いに別れを惜しんでいました。
この光景、本当に美しいと思いました。

夏休み中にもう一日、8月22日(木)13:30〜14:40「英語と音楽であそぼう会」を企画しています。
今日参加してくれた生徒達が「友達を誘いたい」と…
また輪が広がると嬉しいな♪

私自身、次回はもう少し歌えるように、勉強しておこう!


行きつけの美容院で、いつも色んな情報いただくのですが、
3ヶ月前には商工会議所が行なっている「小規模事業者補助金」制度について教えていただき、近所の商工会議所に問い合わせに行きました。
申請の方法について色々説明していただき、「競争の倍率は高いので難しいだろうけど、事業の今後について考えるきっかけになるだろうから」と申請を試みました。

で、ちょうど一昨日、申請が通ったと連絡が‼︎

そして今日は行きつけの美容院に予約を入れていたので、その報告も(^^)

ここからがまた大変でしょうけど、いい機会ですからね!と、励ましていただきました。

この美容室のオーナーはマーケティングなどについても色々と勉強していらっしゃる方で、
スタッフさんも以前はサロンを経営されていたらしく、商売ということについて、色んな視野をお持ちなので、気配りもまた半端なく…

私から売り込みをしていないにも関わらず(それもどうかと思う、今後は改めなくては!)
ローザのCDを買ってくれました!

早速店内にCDを流してくれ、「いい感じだね」と。
お店にCDも置いてくれるって、ありがたーい提案も‼︎
嬉しすぎます!
スタッフのゆうこさんから、早速感想をいただきました。

「今、お店の音楽がフルートの音色で 心地よい感じになっています。
フルートの音色って、ピアノやバイオリンと違って、空気を伝わって届く感じ⁇上手く表現できませんが、空気そのものがフルートの音色に染まっていく感じがします。
その音色が、身体の中に伝わっていくのがよくわかります。
とっても心地よいですね」

このCDはもともと、カフェやサロン、また日常の中に溶け込むイメージで作ったので、
こんな感想をいただけて、そしてこんな応援をいただけて、本当に嬉しいです。

こんなステキな雑貨と共に置いてくれるらしい♪
頑張ってる人を応援するのが好きなオーナーさんやゆうこさん。
奇特な方々に助けていただいている…
私もどこかで誰かの力になれたり、応援できる人間になれたらいいな。




10日前に買ってしまいました、トラヴェルソ(プラスチック製だけど)

今のフルートの原型、バッハやヘンデルの時代に演奏されていたトラヴェルソ…
アイリッシュと同じように穴の数が6つに1キーが付いてるだけなのに、どうなってるの⁇って興味を抱いていたら、師から「買ってみたら?」と。

これが面白くて仕方ない‼︎ 
それぞれの音の色合いがなんとも言えない。。。
陰影があり、解放がある…
この色合いをイメージして作曲家は曲を作ったんだと思ったら、ゾワゾワ〜ってきます。

同時に、モダンフルートがいかに全ての音が綺麗に出てしまうかってこともわかりました。

今度の日曜日、倉管の演奏会でバッハの管弦楽組曲第2番でフルート吹かせてもらいます。
ってことで、管組もトラヴェルソで吹いてみる日々…
運指にはまだまだ苦戦してますが、体験してみて初めて気付いたこと多々!

管組の本番前に、トラヴェルソに出会えて本当に良かった‼︎

って調子に乗って吹いてたら、モダンフルートとトラヴェルソの運指が混ざって訳わかんなくなってきた(苦笑)

日曜日はもちろんモダンフルートで演奏するので、トラヴェルソの管組は一週間封印(^^)
トラヴェルソは他の曲で楽しむことにします。

バロック音楽がますます楽しくなってきました。
フルートアンサンブル「ローザ」の初CDが、ようやく、ようやく仕上がりまして…
7月17日より販売開始となりました!
どどーんと納品されてきましたので、これから頑張って手放していきたいと思います。

メンバーの野崎さん宅に納品された段ボールを取りに行って記念撮影♪
皆さん、ぜひ宜しくお願いします。

早速買ってくださった方々から、嬉しい感想もいただいています。
どんな感想も全て、しっかり受け止めて次に進んでいこうと思いますので、ぜひとも感想聞かせてくださいね(^^)

来月にはレコ発コンサートも♪
こちらもお越しいただけると嬉しいです。

さて、明日は彩音にて、久しぶりにギターの古山 修さんとデュオ♪
19:00〜19:30 / 20:00〜20:30
お食事しながら、フルートとギターの音色をどうぞ!
今日はたつの市で開催された、市民参加方イベントokuri-monoに出演させていただきました。
自分ができる「モノ・コト」にこころをのせて贈りあう…okuri-mono


9:00に会場入りすると、たくさんの人が「何かお手伝いすることありますか?」と動き出してました。

雨予報だったけれど、晴れてきた?
やっぱり晴れの国の私達(^^)
と演奏開始!
…と、あれあれ?雨が‼︎
LeapRick、晴れ女伝説は最近ガセの模様。。。

ってことで、場所を移動して演奏開始。
徐々に人が集まってきたので、2 hands danceにチャレンジ!
輪になって、メンバーチェンジも出来て、盛りがありました‼︎
ダンスの力ってやっぱりすごいと思うのです。
ちっちゃな子供達も見様見真似で踊ってくれてました。
大人の方々から、「何これ?楽しい‼︎」って言葉が。
そーなんですよね。
知らない人とも手を取って、気付けば笑顔で踊ってる…
 
このイベントは主催者さんの強い想いがたくさんの人を動かし、たつの市さえも巻き込んでいるそうです。
たつの市長さんもいらっしゃって、あたたかく見守ってくださった模様…

「ありがとうが通貨」ってことで0円カレーも振舞われてました
農家の方々の食材提供や、ボランティアによる準備によって、この日を迎えたそうです。

食べきること(残さないように)!
そして、街を綺麗に‼︎と活動されているグリーンバードさんのご尽力により、ゴミ0を目指し、来場者はマイ皿&マイスプーンを持参♪
なつえさんは備前焼のお皿持参(^^)



もちろん、私もいただきましたよ。
もうちょっと小さいサイズで(笑)

途中に雨も降りましたが、なんと主催者目標の600人の来場者だったそうです。
たくさんの「ありがとう!」が飾られてました。

会の締めには、みんなで会場をお掃除!
私は久しぶりに参加したクリーン作戦でした。
ゴミはあまり落ちていませんでしたが、それでもゴミはあるものですねぇ…
お掃除すると心が清々しくなりました!

私達を呼んでくれたグリーンバード姫路のたけちゃんと記念撮影♪

最後はみんなで記念撮影♪ 

想いの重みと、笑顔の力にキュンキュン♡した一日でした!



七夕の一日は、朝からリハーサルでこちらのイベントに出演。
高島心療クリニック、10周年の記念イベントにフルートアンサンブル「ローザ」で出演させていたたきました。
思い返せば10年前の開院の際にも、演奏させていただきました。
あれから10年⁈…驚きです。
三木記念ホールは新しくなって初めて演奏させていただきました。
予想以上に響きの良いホール‼︎
客席もゆったりしていて、さすが医師会館!
こんなに気持ちよく吹けるホールとは、思っていませんでした。

フルートアンサンブル「ローザ」、今回はトリオで出演。
ローザメンバー、ホールに向かう途中のエレベーターでパチリ☆
(フルート仲間の美女も1人ご一緒に)


演奏者総勢22名で、最後は全員のステージもありました。
この編成用に院長先生自らが楽譜をアレンジした「The Seventh Night of July(たなばた)」の冒頭には、たまばたさまをみんなで合唱〜♪
院長先生はカホンやグロッケンなどパーカッションを叩きながら、指揮もして、フルートも吹くという神業‼︎
(私は練習時に目が釘付けでした、笑)
とっても楽しい合奏でした。

石原 武士先生の「認知症にならないために、そしてなったときのために」という、笑いたっぷりの講演も聞きました。
やっぱりやりたい事、生き甲斐を持って、考えながら生きている人の方が認知症になりにくいようです。
音楽って、もってこいの予防かもしれません(笑)

さて、講演を聞いた後、私はそそくさと次の本番へ。

岡山市が主催で、毎年7月7日に開催されている、地球のエコについて考える「七夕ライトダウンイベント」
昨年は西日本豪雨災害の翌日で中止となりました。
今年は開催できたこと、そして犠牲になった方々への追悼の気持ち、そして日々の幸せへの感謝…
私たちの大地、地球を大切にしなければ!と改めて感じながら、演奏させていただきました。
短冊にも願い事を書かせていただきましたよ♪
私達の日常は、電気のお陰で年々どんどん日便利な暮らしになっていますが、ちょっとした不便さが地球のエコに繋がっていることを思い出したいと思います。

そして今日一日の感謝と喜びを感じて。