BLOG

備前のカフェランバーにて、アイリッシュ♪

大好きなカフェの女性オーナー、手作りのおもてなし‼︎
美しく美味しい(^^)
まさに女性ならではの、あったかーい空気が流れるカフェ。
そして、木のぬくもりにアイルランドを思い出す。。。
先週のセンパトの余韻を味わいながら、まったりと優しい時間でした。

休憩の後は椅子を撤去→ダンスタイム♪
お天気が良ければ店外で踊っちゃお!って話をしていましたが、まさかの雨‼︎
そしてあまりの寒さに、店内で踊っちゃうことに!
踊ってくださる方や、ニコニコと見守ってくださるお客さんで、ほっこりとした時間を過ごすことができました。

あっという間の2時間でしたが、終演後も名残惜しく、オーナーさん達とまったりお話…
気がつくと日が沈んでました。。。
なんて幸せな時間だったろう。

いつも優しい笑顔で見守ってくださり、毎年のように私たちを呼んでくださるカフェランバーさんに感謝‼︎

備前焼祭りでも、いつか演りたいなぁ♪
きっと近い将来、実現しそうな気がします(^^)
お越しくださった皆さま、ありがとうござぃした。


3月17日、セント・パトリックス・デーまさに当日のイベント。
寒い一日でしたが、とっても心温まる時間でした。
展示ブースには、なつえさん作の可愛い看板が♪
緑をベースにした雑貨達が並びました。
↑こちらはリーダー、キリさんの作。
ウチのメンバーは私以外、こーゆー事がさらっと出来ちゃうのです。
こんなアイデアが浮かんで作品が作れるなんて…
作家さん達、尊敬します。
そしてお店番など、本当にお世話になりました。
ステージ横にもなつえさん作!
この人の気配りセンスと発想には脱帽です。
さぁ、飾り付けも出来て、準備万端‼︎

ちょっと雲行き怪しかったけど、晴れてきた‼︎
ってことで、無事にオープニングを迎え、イーリアン・パイプスのJin Yamauchiの演奏へ♪
するとあらまぁ、どうしたことか、雨がポツポツ…
風も吹き始め、雨足も強くなり、嵐到来⁈⁈
Jinさん、もしや雨乞いの音を奏でたの?

音響機材や楽器に急いでシートをかぶせ、その後予定していた私達LeapRickの演奏はひとまず先送り…
↑そう言えばアイルランドに行った時「アイルランド人は雨だからって予定を変更したりしないよ。すぐやむからね」と言われたことを思い出し、大丈夫さ〜と思っているところ。

今年も写真撮影をしてくれたMieちゃんがカメラ構えてくれたのでポーズを取ってみる(笑)
なんとか雨がやみそうなので、1回目の練り歩きを決行することに! 
今年も子供達が大活躍してくれました。年々、思い思いに盛り上げてくれ、なんだか嬉しいです。
そして今年の聖パトリックさん、なんとフィドルを弾きます(^^)
なかなかいいでしょ⁈

そうそう、こちらアイリッシュ・ウルフハウンドという、世界で最も大型の犬だそうです。
パレードにも参加してくれました。
大人しくて良い子(女の子)でした♪

パレードの後、LeapRickの演奏させてもらってる間に、晴れてきた!
ほら(^^)
ホイッスル講座の生徒さんも、少し参加してくださいました。
来年はもっと吹ける曲を増やしたいと、意欲を感じてくださったようです。

そして2回目の練り歩き♪
なんていい画だ‼︎(Mieちゃん、ありがとう!)
そしてダンス体験コーナーも♪
ダンスやりたーーーい!って子供達が、ステージに集まってくれて、とっても愛らしいダンスの輪ができました♡
なんてあたたかな光景だろう…
ステージでは、岡山アイルランド音楽愛好会のメンバーが入れ替わり立ち替わり、色んな組み合わせで演奏しました。
みんな一生懸命練習してくれている姿に、実はイベント前からなんだか嬉しくて、心ときめいていました。
ピーヒャラ隊もそれぞれに頑張ってくれて、なんだか感無量でした。

私達の「やりたい!」に付いてきてくれる、そして快く協力してくれる仲間たち♪
ありがとうございました。

咄嗟の出来事に上手く対処しきれなかったり、あーすれば良かった…など、反省は多々ですが、
色々とフォローしてくれるLeapRickのメンバー、的確な助言をくれる事務局長には心から感謝です。

音響を担当してくださった嶋岡さん、
オーガニックマーケット「いち」さん、
そして寒い中お越しくださった皆さま、
笑顔溢れる、優しい時間を、本当にありがとうございました。



一昨日は
、念願の「青木光男劇場」を体感してきました‼︎
LeapRickのNastueさんも、お話とバウロンで3度めの出演。
以前から「青木光男さんのお話はともかくすっごい面白い‼︎」となつえさんから聞いていて、一度聞いてみたいと思っていました。
ようやく念願叶いました!

2番手登場のなつえさんのお話も、めっちゃ面白かった。
改めて、なつえさんの感性に脱帽。
そして彼女の生き様に胸がときめきました。
日頃から天才と思っていますが、私はやっぱり、凄い人と音楽やらせていただけてるんだ…

しかし、青木光男さん…想像を遥かに超える、タダモノではない方でした‼︎
青木さんの口から飛び出す言葉は、なんていうか…生き物でした。
笑いの渦を巻き起こすのはもちろんのこと、うねるし、ホロっとくるし、パンチくらわされるし(笑)

涙が出るくらいお腹かかえて、こんなに何度も爆笑し続けたのは、いつ以来?
いや、初めてかも?
凄い世界でしたぁ。。。

青木光男さんの発想は、この世界の全てのことに対する洞察力、把握力の凄さがベースにあって、
そこからの妄想の豊かさ、言葉の選び方、演じ方…アドリブがどんどん発展していき、
一気にお話に引き込まれました。

これは病みつきになります。
ってことで、スタンプカードなるものをget!!

スタンプためたら、いいことあるそうな♪
泣き笑いで色んな景色、見せてもらいました。
色んな感情を思い出させていただきました。
頭の中グルグルかき回していただいた感じ(笑)
皆さんもぜひ一度、体感おススメします‼︎





岡山フルートの会、40周年のコンサートでした。
今回は開演前に、各メーカーの展示ブースが開設され、私も色んなメーカーの楽器を試奏させていただきました。
それぞれのメーカーさんの特色を掴める機会、ありがたいです。
生徒さん達におススメしたい楽器のイメージができたり、
まぁ到底買えないだろうけど(苦笑)って、各メーカーさんの渾身の楽器を吹かせていただける貴重な機会…
楽しいです。


さて、演奏会はさすが40周年‼︎という、盛りだくさんのプログラムで、
雨の中にも関わらず、たくさんのお客様がご来場くださいました。
小学生、中学生、高校生によるジュニアの部は、例年以上に出演者が多く、
指導の先生のもと溌剌とした演奏会で、
子供たちのエネルギーを感じました。
学生コンクールの優勝者による演奏も素晴らしかったですし、
岡山出身でプロでご活躍なさっている、特別ゲスト、
森 圭吾さん、小池郁江さん、柴田勲さん、柴田真梨子さんのカルテットは華やかでした。

私は大編成のみの出演でしたが、実行委員の皆さん、そして先生方の想いが詰まったコンサート…
楽しく吹かせていただきました♪

コンサート終了後は、ホテルグランヴィアで祝賀パーティー♪
岡山フルートの会会長の岩﨑先生が、素敵な演奏を披露してくださり、幕開け!

40年間の歩みのスライドショーもあり、盛り上がりました。

なんと‼︎BGMに第1回目に出演された先生方の演奏が流れたり、
はたまた本日のアンコールで吹いた、安室奈美恵さんのメドレー曲が流れたり…
音楽が映像を一層盛り上げてくれました。
岡山フルートの会創立当初から、毎年参加してくださってる、現会長、副会長の安達先生&熊瀬先生に、花束贈呈♪
そして最後は、創立者であり、顧問の星島先生のスピーチ、岡山フルートの会の合言葉となっている、
「笛吹きはみな、家族だ、兄弟だ」という言葉にジーンとしました。。。

副会長の安達先生&熊瀬先生の門下生で集合写真‼︎
門下の枠を越えて、ご指導くださる先生方、仲良くしてくれる仲間たち…
やはり岡山フルートの会のモットーは「笛吹きはみな家族、兄弟」です。

最近の私は、純クラシックからは少し足を踏み外しており、
自由奔放に過ごさせていただいていますが、
そんな私も寛容に受け止めてくださるフルートの会のメンバーに感謝です。
実行委員として、たいした貢献はしていませんが、
岡山フルートの会には、随分育てていただき、改めて感謝の想いを感じました。
祝賀パーティーも、とっつもステキな雰囲気で、あったかーい気持ちになりました。
フルートの仲間に、改めて親しみを感じました。

フルート大好きな仲間と共に過ごし、フルートの魅力も改めて感じ、
もっともっとフルートを奏でていきたいと思った一日でした。

随分前に、生徒さんのお母様からいただいたクリスマス・ローズ♪
今年はいっぱい咲いてくれてます。
なんて書いてると、私はよほど日々の変化に気がつく人間のように見えるかもですが、
実際は「いっぱい咲いてるよ」と聞いて、知る…結構、周りが見えていない人間です(苦笑)

前から薄々気付いていたのですが、先日自覚したこと…
目の前に広がる画面から、情報を受け取るのが苦手らしい。

バーガーショップとか、ファミレスや、カフェなどでありがちな、
メニューが羅列されてるお店でメニューを見るの、特に苦手。
お得情報など、なかなか自分の中に入って来ない…メニュー選ぶまでに、結構疲れてる(苦笑)

特に初めての場所や慣れない場所では、まず、その雰囲気に呑まれてしまう。
もともと人見知り体質なのと、小心者体質だからだと思う。
なんとなく、威圧感みたいなものを無意識のうちに感じている気がする…

無意識のうちに、視野が狭くなっていて、広く周りが見えていない。
「さっき、〜〜って書いてましたよ」とか教えてもらって、気付いてなかったことに気づくこと多々…

そう言えば、日々出逢う景色の中に「あ、アレは!」って発見を楽しむことが、脳の活性化に良いって聞いたことがあったっけ?

ストレスやプレッシャーではなく、気付きの喜びを感じるようになりたいな。

ということで、キョロキョロしながら過ごし始めています(^^)




毎年あっという間に過ぎ去る時期なので、2月は丁寧に過ごしたつもり…
でも、あっという間に3月も数日過ぎている(苦笑)

さて、いよいよ来週は岡山フルートの会の40周年の演奏会!
https://www.ringheart-music.com/2019/03/03/information-21/
昨日、午前中は演奏会の練習でした。
私は大合奏のみ、出演させていただきます。
出演者は約3ヶ月間、日曜日に集まって練習してきました。
あとは前日のリハーサルと当日のリハーサルを残すのみ‼︎
今回は特別ゲストの出演もあります。
ぜひ、お越しください。

そして午後は、17日の「アイルランドの祝日」(セント・パトリックスデー)でステージ披露すべく、アイリッシュダンスの練習会をしました。
8人で踊るセットダンス♪
昨年、ダンスの先生をお招きしてレッスンいただいたダンスの復習会。
半年ぶりの復習で忘れてること多々…(苦笑)
みんなで記憶を辿りながら、その時の動画を見直しながら、なんとか踊れるようになりました。
17日は演奏とダンスのパフォーマンスをお楽しみいただけます。
踊る前はちょっと寒かったけど、踊ってみるとしっかり息は上がり(苦笑)、暑い!
冬の間に縮こまっていた身体がほぐれた感じで気持ち良い疲れ(笑)
昨日は小学生の女の子も参加してくれて、すぐに踊れるようになってました。
子供からお年寄りまで楽しめるダンス。
17日は西川緑道公園へ!
いつの間にかダンスの輪に加わっていてください(^^)

そして夜は、久しぶりに彩音(ANON)にてギターとフルートのデュオで演奏させていただきました。
3年ぶり…くらいじゃないかしら?
ギタリスト古山 修さんからお声かけいただきました。
以前はジャズのスタンダードばかりやってましたが、
この2年間、すっかりジャズから離れていた私…
またジャズに戻れるかなぁ?
正直、ちょっと悩みました。。。
ジャズを頑張っていた数年間、ともかく色んな曲にチャレンジしていましたが、気持ちが離れてしまった間に、ほとんどの曲が記憶から消えてしまったようで。
その中でも残っている、やっぱり好きな曲は今後も大切にしたいなぁという気持ちもあり、
ジャズで培った要素でモダンフルートの音色を楽しむ時間も作りたいという気持ちもあり…
ジャズに戻るというより、新たな気持ちで新たな試みをさせてもらえたら、と。
ポップスなども盛り込んだプログラムで演奏させていただきました。
以前のようにジャズっぽいフレーズが盛り込めている訳ではないと思いますが、
以前より自由に楽しく、吹けるようになっていて驚きました。
今後もまた、彩音で演らせていただくことになりそうです。

なんだか一気に、色んな事が動き出した感じ(^^)




知人が出演の創作舞台を観てきました。
独創的な4人によるパフォーマンス、手作りの衣装、照明、舞台演出…
静寂の中に鼓動が持続し、そのビートの中に引き込まれるものがありました。
そして会場を巻き込む演出も。
リズムや唄も盛り込んで、よくこんな世界観が創れるなぁ、と圧倒されました。

クリエイティヴな人達が集まると、こうなるのね。。。
胸キュンな時間でした。

そんな舞台鑑賞の後は、余韻に浸りたくてお馴染みのSkipper’sへ。
大好きなギネスと、お酒がすすむアンチョビとオリーブのナポリターナ♡ 
美味しかった‼︎
そして、私が長年抱えてきた疑惑…
アイルランドのハーフ・パイントは日本よりも大きい⁈
について、マスターが色んなグラスを出してきて、お水をいれては「ほら、同じでしょ」の検証をしてくださって。
うーん、疑惑はやっぱり疑惑だったか(笑)

お隣のお客さんは、ワーキングホリデーでアイルランドのコークに1年間住んだことがあると…
コークは私はまだ行ったことないけれど、憧れの街。
次回アイルランドに行く時は是非行きたい街です。
St.Patrick’s dayの宣伝をしっかりさせていただきました(笑)

今年は、St.Patrick’s day当日に「アイルランドの祝日」を開催することになりました。
明日はダンスの練習会です。
8人1セットで踊るダンスを、みんなで練習します。
「アイルランドの祝日」では、音楽、ダンスのパフォーマンスをお楽しみいただけます。
きっと晴れると思いますので(^^)
ぜひ、お出かけください♪


昨日は岡山市内もまさかの雪景色‼︎
基本的に引きこもり体質ですが、冬の引きこもりって、子供の頃に読んだ絵本の世界や、
暖炉やストーブのイメージが付きまとって、なんだか好きです。
憧れの薪ストーブの前でロッキングチェアーに揺られながら、読書とかセーターを編むとか…
そんな日がいつか来るだろうか?
セーターはきっといつまでたっても編めないだろうなぁ(苦笑)

さて、今日は冬眠からの脱出に向かってモゾモゾと…
備前のカフェ ランバーさんへ。

土手沿いを運転しながら、キラキラ光る水面や、川の中に漂う水鳥たちを横目に…
昨日の名残の雪だるまにも幾つか遭遇!
癒される。。。(^^)

ランバーさんで絶品ホットサンドと野菜のスープ、コーヒーをいただいた。
木のぬくもり、優しい空気感漂うお店にて、美味しいエネルギーチャージ♪
オーナーさんの柔らかな笑顔と、前向きな会話に、いつも明るい未来を再確認させられる。
この道でいいんだ、そう思わせてくれる大好きなカフェで、来月はアイリッシュのライヴをやらせていただきます。
リーダーがとっても可愛いチラシを作ってくれました!
3月は何かとイベント盛りだくさん‼︎
引きこもる日も大切。モゾモゾの慣らしも大切。
今を大切に過ごそうと思わされた一日でした。



2月1日は、St.Brigid’s day♪
アイルランドの唯一の女性の守護聖人ブリジッドを祝う日で、春の始まりの日だそうです。
と言いつつ、私はどっぷり日本的に、氏神様に一日参り。
おや、見慣れない番人が‼︎
(近所の子供の忘れ物かな?)

そして1日と言えば、映画の日!
今更ですが、ボエミアン・ラプソディーを観に♪
大絶賛の噂を聞いてましたが、正直、クィーンってあんまり知らないから、、、
まぁ、いっかと思っていたのですが。
やっぱりちょっと気になって、滑り込み!

予想に反して、というか噂通りの素晴らしい映画で、すっかり感動‼︎
どっぷりクィーンにハマりそうな勢いです。
ホント、今更ですが(苦笑)
観に行ってホントに良かった!

フレディ・マーキュリーの生き方は、正直すぎたのでしょうか?
強さと弱さの狭間を彷徨う彼の空虚感を埋めたモノは…
どことなく切なさと言うか、やるせなさを感じつつ、
だからこそあそこまで陶酔できる音楽を作れたのかな?と思ったり。

彼がソロ活動をするに当たり、雇ったプレイヤーは上手かったけど、それだけでは物足りなかった。。。
クィーンのメンバーがそれぞれにがっつきながら生まれるアイデアの尊さ。
自分の居場所を感じる場所。
そしてお互いをリスペクトする気持ち。
色んなモノの結晶がクィーンだったのでしょうね。

これもクィーンの曲だったの?
クィーンを知らないと思っていたけど、意外と知ってる曲もあり、
音楽にも揺さぶられ、臨場感あふれる映画でした。
中でもボヘミアン・ラプソディーという曲は、色んな要素が詰め込まれていて、本当に素晴らしい楽曲ですね。
すっかりクィーンのファンになってしまったような…

色んな事を考えさせられて、余韻に浸っています。
やっぱり気になるモノは体感しなくては‼︎




まだまだ春は遠いけれど、新春からって気持ちから(?)今月新規の生徒さんが2人!
始めたばかりですが「やりたい‼︎」って気持ちは、夢が膨らむ感じのワクワク感で、
私の心をつんつん刺激してくれます。

さて、2年前の年末にいただいたデンドロビウムというお花…
さすがに夏にはお花が枯れてしまって、どうしたものかと思いつつ、
根は伸びていたので水やりだけはしていました。
とは言え、半ば諦めていたら「花芽が出てますよ!」と。
これが花芽だと初めて知りました(苦笑)
知ってしまうと、コレが可愛くて仕方ない(笑)

「上手にお世話されましたね!」と褒められ、喜ぶ(^^)←ただ、水やりしてただけの女子。
ホントは肥料をあげれば良かったらしいのですが、私のようなずぼら人間のもとにやってきて、過酷な状況の中生き抜いてくれてるお花に感謝‼︎

3月〜4月頃にはお花が咲くそうな…
春の到来を楽しみに、お世話を続けます。

昨年末にいただいたお花が、今は華やかに部屋を飾ってくれてます♪

そうそう、昨年レコーディングしたフルートアンサンブル「ローザ」のCD化は、それこそ遅々とした進行ですが、
大量に録った中から、OKテイクの選択がようやく終わりました。
メンバーの日程がなかなか合わず、何ヶ月かかったことか…苦笑。
ですが、ようやく大きく一歩前進です。

大安吉日ということで、エンジニアさんが今日から編集作業に入ってくださるそうです。
こちらの花咲く日も、少し近づいてきたような♪
LeapRick、今年初の本番は尾道にて。
この時期に屋外でのパフォーマンスは初めてかも?

寒さを覚悟していましたが、スタッフの方からカイロの差し入れをいただきました。
そして尾道商店街はかなり賑わっていて、たくさんの方々が笑顔で聴いてくれました。
お陰で思ったほど寒くなかった!

そして午前中は「ギャラリー都」さんに場所提供いただいて、初心者向けのワークショップを開催。
6名の方が参加してくださいました。
2時間のワークショップ。
尾道で開催できたのは、ご協力くださった「音楽と風景」のイベント主催者の小島さん、「ギャラリー都」さんのお陰です。
ありがとうございました!

お昼ゴハンは、美味しいおでんと豚汁をご馳走になり、身体も心もあたたまりました(^^)

さて、パフォーマンスの合間に「小さなサーカス団 ピエロック一座」さんのパフォーマンスを鑑賞しました。
数人でなさるのかと思っていたら、なんとお一人で‼︎
コンサーティーナやフィドルを弾きながら、膝に付けてるクラクションや、帽子に付いてる自転車用のベルが鳴ったり!
今度は帽子の上がシンバルに変わって、フィドルを弾く合間に弓で鳴らされたり、タップダンスを踊ったり。
色んなあやつり人形達が登場しました。
時に楽器を弾きながら操られたり。

クオリティー高すぎ‼︎ 本当に、一人何役?
昔から旅芸人になりたくて、そして今は夢を叶えて、熊本からいらっしゃったとのこと。
いっぱい笑って、最後は人を想うことのステキさ、笑顔の力、そして夢を抱くことの大切さを感じ、じーんと感動でした。。。
本当に素晴らしいパフォーマンスを見せていただきました。
皆さんも、いつか何処かで「小さなサーカス団 ピエロック一座」に出会えますように‼︎
一見の価値、多大にあり‼︎‼︎

今日はステキな出会いがいっぱいの一日でした♪
こちら、某音楽教室で売られているリコーダーペン♪
実は先月、お友達がプレゼントしてくれたのです。
あまりの可愛さに、昨年の生徒さんへのクリスマスプレゼントはコレに。
大人の生徒さんにも(^^)
音も出るんですよ♪

さて、昨年からカルチャースクールでもリコーダーのレッスンを担当させていただいております。
当音楽教室でもリコーダーの生徒さんが増えたらいいなぁと願い、トライアルコースを開設しました。

何か音楽をやってみたい…と思っている方、お家に眠っているリコーダーを引っ張り出してみませんか?
リコーダーは音は出しやすいものの、息のコントロールは意外と難しく、低い音はひっくり返りやすいし、高い音は上手く出なかったり…
学校の授業では一人一人への指導が難しいこともあり、リコーダーが苦手だったという方、
そして今現在、リコーダーに苦戦しているお子様もいらっしゃるのではないでしょうか?
ちょっとしたコツを意識して取り組めば、上手く吹けるようになるかもしれません。

とはいえ…
レッスンって敷居が高い気がする。
定期的にレッスンに通えるだろうか?
そんな不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

自由なペースで、まずは音楽に触れていただきたいと、トライアルコースを設定しました。
詳しくはコチラ↓
https://www.ringheart-music.com/subject/recorder/

まずはトライしてみませんか?